BUSINESS LAWYERS LIBRARY

知的財産法とビジネスの種〔第1期〕〔第2期〕 [連載誌面合本版]

発売日
2019年11月22日
出版社
有斐閣
編著等
有斐閣

ビジネストレンドの重点がハードからソフトへと移行するに伴い,重要性を増す知的財産。この連載では,ビジネスと関わりの深い最新の知財法分野のトピックを,見開き2頁というコンパクトかつ読みやすい形で提供する。中堅・若手の研究者による第1期,大御所から新進気鋭の実務家による第2期をまとめて収録した電子書籍ならではのお得な1冊。

目次

表紙

概要説明

目次

ジュリスト連載「知的財産法とビジネスの種〔第1期〕および〔第2期〕」の趣旨

第1回 人工知能成果物と知的財産権

第2回 3D プリンタと知的財産法

第3回 SNS と著作権

第4回 デジタル消尽

第5回 報酬請求権としての著作権

第6回 先発・後発医薬品をめぐる特許問題

第7回 ある街の小さなビストロで

第8回 農産物における特許権の消尽

第9回 伝統的知識の保護

第10回 均等論の現在

第11回 著作権法における権利制限規定の未来

第12回 東京仲裁と知的財産

第13回 ハリウッドとの闘い方

第14回 放送事業者と著作物の「引用」

第15回 オープンイノベーション時代の知財・法務の考え方

第16回 ソフトウェアは著作権による保護から卒業するか

第17回 「デレブ」のパブリシティ権

第18回 ファッションデザインの法的保護

第19回 ダウンロード違法化拡大法案から考えるネットビジネスの土壌

第20回 商業建築デザインの保護と利用のバランス

第21回 ビッグデータと知的財産権

第22回 ここれだけはやっておきたい,スタートアップに必須の知財対応5 つ

第23回 メロディと引用

第24回 標準と特許

奥付

BUSINESS LAWYERS LIBRARYに登録すると
1400冊以上の本を読むことができます。

10日間無料
お試しいただけます。

法人利用のお問い合わせ

閉じる