BUSINESS LAWYERS LIBRARY

渉外相続・不動産登記・会社取引等で役に立つ 英文の法律・法的文書作成に関する実践と書式

発売日
2018年12月01日
出版社
日本加除出版
編著等
石田 佳治、山北 英仁

正確に相手に伝えられる英文書が作成できますか? 渉外事件を扱う実務家・企業法務部必携の書! ●英文・訳文の作成方法を実際の書式を基に解説するとともに、具体的に活用できる例文、書式や見本(70例)を掲載。 ●英文法律・法的文書の特徴、作成の仕方を理解でき、業務のステップアップにつながる一冊。 ●渉外不動産登記、相続に必要な宣誓供述書、婚姻証明書、遺産分割協議書などを収録した、渉外案件を抱える実務家にとっての必携書。

目次

表紙

はしがき

目次

〈例〉一覧

第1編 文章作成の基本ルール

1章 英文法律・法的文書の種類と特徴

1 法律事務所内,企業内で作成される英文の法律・法的文書

2 英文の法律・法的文書とその文体の特徴

2章 英文法律・法的文書の書き方

1 サティフィケート(証明書)

2 コンファメーション(確認書)

3 ノーティフィケーション(通知書・通告書)

4 ノーティフィケーション(届出書)

5 アクセプタンス(承諾書),オーソリゼーション(承認書),アプルーバル(認可書),パーミッション(許可書),ライセンス(許諾書)等

6 プレッジ(誓約書),コベナント(誓約書)

7 ディード(捺印証書),ビル・オブ・セール(売渡証書),ギフト(贈与書)等

8 アフィダヴィッツ(宣誓供述書)

9 パワー・オブ・アトーニーとプロキシー(英文委任状)

10 ウィル(英文遺言書)の書き方

11 トラスト・インデンチュア(英文信託証書)

12 シュアティシップ,ギャランティ,ワランティ,リプレゼンテーション(保証書)

13 アポロジー(謝罪書)

14 ウェーバー(権利放棄書)

15 アサインメント(債権譲渡書)とデレゲーション(債務委譲書)

16 ディスクレーマー(責任否認書)

17 デクラレーション(宣言書)

第2編 文章作成上の注意

1章 英文法律・法的文書の文章作成の実務

1 英文文章作成の前段階

2 修 正

3 外部に依頼する場合の注意

2章 英文法律・法的文書の文の基本

1 法律文の必要条件

2 法律文の基本的文法

3 叙 法

4 態

5 人称及び格

6 性及び数

3章 主語・動詞,代名詞・先行詞の不整合の問題

1 長い主語を書かないこと

2 倒置文における注意

3 単数形の動詞をとる主語

4 集合名詞の場合の注意

5 不定代名詞と動詞

6 複合主語と動詞

7 代名詞とその先行詞の一致

4章 法律文における修飾の問題

1 修飾語と被修飾語

2 修飾語の適正な使用

3 関係代名詞,関係形容詞,関係副詞による修飾

4 各種の修飾句による修飾

5 名詞の連続

5章 冠詞と前置詞

1 法律文における冠詞と単数複数の問題

2 法律文における前置詞の使用上の問題

6章 法律文中で特別の注意を要する語

⑴ 「等」を示す英語表現のsuch as, and the like, etc.などの使い方

⑵ 「それぞれ」,「場合により」を意味するrespectivelyとas the casemay beの使い方

⑶ 当該をあらわすsaid,such,same,the matter in question等の使い分け

⑷ 慣用句としてのifやasの小句

⑸ 法律文の特殊用語としてのhereby, hereinなどの慣用語

⑹ 「上の」「次の」を示すabove,below,preceding,followingの使い方

⑺ 形容詞の多用は意味を不明確にする

⑻ 法律文によくあらわれる重複語

⑼ 英文法律文章に出てくるラテン語

ラテン語法律用語の例

7章 法律上特別な意味をもつ語群

1 合理的な,承諾できる,許可されうる,一般的な,最有利の(Reasonable,Acceptable,Permissible,Prevailing,MostFavorable)等の使い分け

2 公正に,適切に,公平に(Duly,Fairly,Properly,Appropriately,Equally,Equitably)等の使い分け

3 直ちに,早急に,できるだけ早く,遅滞なく,合理的期間内に(Immediately,Forthwith,Promptly,Without delay,Within areasonable time)等の使い分け

4 最善の努力,努める,約定義務なしで等(Best Effort,Endeavour,Without Commitment,etc.)の使い分け

5 含む,~を除外する,例として含むがこれに限らず等(Including,Excluding,Including Among Other Things,Including But NotLimited To,etc.)の使い分け

6 権利を放棄することなく,義務を負担することなく,なんら制限することなく等(Without Prejudice to,Without Commitment,Without Restriction )の使い方

7 オプション,第一選択権,予約,停止条件等(Option,First Refusal,Pre-engagement,and Condition Precedent)の使い方

8 共同で,個別に,連帯して(Jointly,Individually,Jointly andSeverally)の使い方

9 ~と同じ,~と類似した,~と全く同一の,~と同等の(Thesame as,Similar to,Identical with(to)and Equivalent to)の使い分け

10 約因(Consideration)とその書き方

11 支払についての各種の表現(Various Expressions for Payment)

8章 英日の重要な法律用語

1 法の適用の各種表現

2 法の疑制(「みなす」と「推定する」。Fiction and Presumption byRule)

3 法的効力─無効と取消し(Void and Voidable)の問題

4 契約等の期間終了と廃止・撤回(Termination and Revocation)の問題

5 法的効果発生の時期(Time for Legal Effect)

6 承認と報告(Approval and Report)の問題

9章 法律文章によく使う語と慣用句

1 理由づけ(Reasoning)のための用語

2 依拠(いきょ)と原則(Basis and Principle)

3 因果関係(Causal Relationship)

4 方法,手段(Method,etc.)をあらわす語

5 従属・準拠(Compliance)をあらわす語句

6 目的(Purpose)を示す語句

7 対象範囲・程度(Coverage or Scope)の限定

8 言い換え(Restating)のための語句

9 例示(Exemplifying)のための語句

10 導入(Introducing a Subject Matter)のための語句

10章 法律・法的文書における数量表現

1 法律文書中によく出る数字表現

2 法律文書の数量表現の原則(Principle of Writing Numerals inLegal Documents)

3 数量表現の変化(Allowable Changes of Figures)

4 数量の抽象表現と比較表現(Abstract Expression and ComparativeExpression of Figures)

5 計算表現(Expressions of Calculation)

11章 読みやすくする技術及び定義

1 列挙法(Tabulation)

2 定 義(Definitions)

12章 法律・法的文書の編集(Editing Legal Documents)

1 法律・法的文書のための句読点法と技術(Punctuations and Mechanicsin Legal Documents)

2 表現技術(Mechanics for Other Expressions)

3 法律文書編集のための諸用具他(Instruments for Edition ofLegal Documents, etc.)

第3編 各種書式例

1章 個人の履歴関係

第1節 出生証明書

〈例41 出生証明書〉

第2節 婚姻証明書

〈例42 テキサス州の婚姻許可書(Marriage License)〉

〈例43 テキサス州の婚姻証明書(Marriage Certificate)〉

第3節 離婚証明書

〈例44 ワシントン州の離婚証明書〉

第4節 死亡証明書

〈例45 死亡証明書〉

〈例46 添付している死亡証明書の正確な翻訳である旨の翻訳者による宣誓供述書〉

〈例47 前記日本文死亡証明書及び翻訳文並びに翻訳者の宣誓書をハワイ州のプロベイト・コートに提出した申請書〉

〈例48 オレゴン州の死亡証明書(Certificate of Death)〉

第5節 宣誓供述書

〈例49 宣誓供述書(アメリカのある州での検認手続(Probate Court)において,相続人の一人が日本との家庭裁判所で被後見人と宣告され,後見人が選任されている旨プロベイト・コートに申立てをするための翻訳者が正確である旨の宣誓供述書)〉

第6節 健康診断書

〈例50 健康診断書(Certificate of Health)〉

第7節 履歴書

〈例51 履歴書〉

第8節 居住者証明書

〈例52 居住者証明書(Certificate of Residence)〉

2章 会社関係の証明

第1節 宣誓供述書

〈例53 宣誓供述書(会社代表者居住地証明)〉

第2節 取締役会等関係

第3節 抵当権解除証書

〈例59 抵当権解除証明書(Discharge of Mortgage)〉

3章 財産処分・管理関係

第1節 宣誓供述書

第2節 登記事項証明書

〈例65 登記事項証明書〉

第3節 登記原因証明情報

〈例66 登記原因証明情報〉

第4節 登記識別情報

〈例67 英文登記識別情報の書式〉

〈例68 英文登記識別情報の取扱いの書式〉

第5節 不動産売買契約書

〈例69 不動産売買契約書(日本文及び英文)〉

第6節 住宅賃貸借契約書

〈例70 住宅賃貸借契約書〉

著者

奥付

BUSINESS LAWYERS LIBRARYに登録すると
1300冊以上の本を読むことができます。

10日間無料
お試しいただけます。

法人利用のお問い合わせ

閉じる