BUSINESS LAWYERS LIBRARY

スモールM&Aの教科書

発売日
2019年09月03日
出版社
中央経済社
編著等
久禮義継

規模も取引金額も小さいM&A取引が増えている。こうしたスモールM&Aならではの実行上のポイントを、アドバイザー、買主、売主それぞれの目線で、実態に即して丁寧に解説。

目次

大扉

はじめに

CONTENTS

本書における基本用語の定義

第1章 本格的なスモールM&A時代の到来

第1節 スモールM&A の定義と本書の対象範囲

⑴ スモールM&Aの定義

⑵ 本書の対象範囲

第2節 スモールM&A 市場の動向

⑴ 中小企業M&Aの市場動向

⑵ スモールM&A市場の動向

第3節 スモールM&A市場の拡大を後押しする外部環境

⑴ 深刻な事業承継問題

⑵ スモールM&Aに密接に関連したプラットフォームの拡大

⑶ 個人買主の参入を促進するさまざまな地殻変動

第2章 スモールM&A概論

第1節 スモールM&A の特性

⑴ M&Aの特性

⑵ スモールM&Aの特性

⑶ M&Aプロセスにおける大規模M&AとスモールM&Aの違い

第2節 個別プロセスごとのポイント整理

⑴ M&Aプロセスの全体像

⑵ ソーシング

⑶ 初期的検討段階

⑷ MOU締結

⑸ DD(全体像)

⑹ DD(個別DDにおけるポイント整理)

⑺ バリュエーション

⑻ スキーム

⑼ DA

⑽ クロージング

⑾ PMI

第3章 スモールM&Aの要諦(FA編)

第1節 FA に求められる力量と基本的資質

⑴ FAに求められる力量

⑵ FAに求められる基本的資質

第2節 FA が留意すべき事項

⑴ 売買当事者への十分な配慮

⑵ M&Aに不慣れな売買当事者への対処

⑶ 買主FAが留意すべき事項

⑷ 売主FAが留意すべき事項

⑸ その他

第4章 スモールM&Aの要諦(売買当事者編)

第1節 M&A 専門家のリテイン

⑴ FAのリテインの必要性

⑵ FAの選定基準

⑶ FA契約締結上の留意点

⑷ 外部専門家の選定

第2節 売買当事者双方が留意すべきポイント

⑴ 守秘義務の遵守と秘密情報の管理の徹底

⑵ M&A案件情報の授受

⑶ 相手方への誠実な対応

⑷ 相手方の風評調査の必要性

⑸ 売買当事者の交渉力の関係

⑹ スモールM&Aにおける人気企業と不人気企業

⑺ その他の留意ポイント

第5章 スモールM&Aの要諦(買主編)

第1節 プレM&A

⑴ 買収戦略立案の必要性

⑵ 買収戦略の構築

第2節 個別M&A プロセスにおける留意点

⑴ 初期的検討段階

⑵ DD

⑶ バリュエーション

⑷ スキーム

⑸ DA

⑹ PMI

第3節 買主として理解しておくべき事項

⑴ Point of No Return

⑵ 経験の蓄積

⑶ 買主のM&A責任者とクロージング後の対象会社経営者が同一人物であること

⑷ トータルコストで考える

⑸ シナジーの検討

⑹ 買主としての適格性

⑺ スモールM&Aと多角化戦略

⑻ スモールM&Aと地理的近接性との関係

第6章 スモールM&Aの要諦(売主編)

第1節 プレM&A

⑴ プレM&A の必要性

⑵ 見える化・魅せる化・磨上げ

⑶ 売却戦略の構築

第2節 個別M&A プロセスにおけるポイント

⑴  初期的検討段階

⑵ DD

⑶ スキーム

⑷ バリュエーション

⑸ DA

⑹ PMI

第7章 スモールM&Aのさまざまな可能性

第1節 スモールM&A において活用しうる各種IT ツール

⑴ M&Aテック

⑵ M&Aマッチングサイトの今後の動向と課題

第2節 今後想定されうるスモールM&Aの発展形態

⑴ クロスボーダーM&A

⑵ 事業承継型スタートアップ

⑶ 連続買収家

⑷ アービトラージ型

あとがき

《著者紹介》

奥付

BUSINESS LAWYERS LIBRARYに登録すると
1000冊以上の本を読むことができます。

10日間無料
お試しいただけます。

法人利用のお問い合わせ

閉じる