BUSINESS LAWYERS LIBRARY

LGBTと労務

発売日
2021年04月20日
出版社
労働新聞社
編著等
手島 美衣、内田 和利、長谷川博史

本書では、LGBTを切り口に多様性あふれる時代における労務管理を述べています。第1章では歴史的背景からみる性の多様性、第2章ではハラスメント対策、労務管理、第3章では制度づくりの基本である社内規程例、第4章では労務管理の場面で想定される事例をもとにしたケーススタディ、第5章ではLGBTに関連する裁判例、第6章では企業での取組を紹介しています。初代ミスター・ゲイ・ジャパンのSHOGO氏、五十嵐ゆり氏、星野俊樹氏、おおばやしあや氏のコラムも収載。

目次

表紙

本のはじめに

目次

第1章 性の多様性

第1 LGBTの意味と歴史

1 LGBTは多様な性を象徴する言葉

2 性的少数者の現代

3 日本の歴史の中の多様な性

第2 セクシュアリティ

1 言葉はその社会の文化や精神性を表す

2 セクシュアリティは変更できない基本的人格の一部

3 人間の尊厳の問題としての性

第3 それぞれの性

1 生物学的“性の多様性”

2 性的指向

3 LGBとT

4 自認されるジェンダーと表現されるジェンダー

5 社会制度とトランスジェンダー

6 様々なジェンダー自認

第2章 職場におけるLGBT施策と労務管理

第1 ハラスメント防止対策

1 ハラスメントの概要

2 パワーハラスメント防止の法制化の概要

3 セクシュアルハラスメント防止に関する法改正の概要

4 SOGI(ソジ)ハラについて

5 ハラスメント防止のための具体的な対策

第2 多様性に対応した労務管理

1 採用

2 役職別・部署ごとのチェックポイント

3 転勤

4 海外出張・海外赴任

5 外国籍の従業員

6 留学生・技能実習生

7 トランスジェンダー

8 メンタルヘルス

9 安全配慮義務

10 病気や障害と仕事の両立

11 HIV/ エイズについて

12 個人情報の取扱い

第3章 規程例

第1 ハラスメント防止規程

第2 多様な働き方に関する社内規程例

(1) 年次有給休暇(時間単位年休、半日単位年休、休職)

(2) 働き方に関する制度(フレックスタイム制度、テレワーク勤務制度)

第3 社内パートナーシップ制度に関する規程

(1) 現在の就業規則の規定を一つずつ改定していく方法

(2) 別規程として「社内パートナーシップ制度規程」を設ける方法

第4章 ケーススタディ(LGBTと法務)

1 性的指向や性自認を理由とする採用見送り

2 性自認を理由とする内定取消し

3 ハラスメントへの対応

4 トランスジェンダーと配置転換命令

5 同性パートナーと転勤命令

6 社内制度の同性パートナーへの対応

7 海外赴任とLGBT当事者の安全

8 同性パートナーの在留資格と同性婚

第5章 関連裁判例

1 府中青年の家事件

2 一橋大学法科大学院アウティング事件

3 愛知ヤクルト工場カミングアウト強制事件

4 経済産業省トイレ制限事件

5 性同一性障害者乗務禁止事件

6 HIV陽性者採用内定取消事件

7 S社性同一性障害者解雇無効事件

8 ゴルフクラブ入会拒否事件

9 四谷警察署留置場事件

10 性同一性障害者嫡出推定事件

11 外国人同性パートナー在留資格事件

12 同性パートナー不貞行為事件

13 同性パートナー火葬立会拒否事件

14 同性パートナー犯罪被害遺族給付金不支給事件

第6章 企業インタビュー

企業での取組み

エス・エー・エス株式会社

株式会社チェリオコーポレーション

ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ

KDDI株式会社

LGBT基礎用語

参考資料

著者プロフィール

奥付

BUSINESS LAWYERS LIBRARYに登録すると
1300冊以上の本を読むことができます。

10日間無料
お試しいただけます。

法人利用のお問い合わせ

閉じる