BUSINESS LAWYERS LIBRARY(ビジネスロイヤーズライブラリー)

法のデザイン

発売日
2017年02月24日
出版社
フィルムアート社
編著等
水野 祐

インターネット・カルチャーと法が交錯するなかで、今何が起きているのか? よりよい社会や文化をいかに設計していけるのか?(そして、本当によい社会、豊かな社会とは果たして何なのか?) 本書では、アフターインターネット時代における、法をとりまく環境を考察し、国家が一方的に定めるルールに従うのではなく、自発的にルールメイキングしていくための、「法」×「デザイン思考」=「リーガルデザイン」という新しい考え方提唱する。

目次

表紙

目次

イントロ ─21世紀の法律家から見える風景─

第一部 リーガルデザイン総論─法により創造性やイノベーションを加速させることは可能か

1 はじめに 情報化社会に取り残される法

2 アーキテクチャ 情報化社会の新しい行動原理

3 コモンズ 創造性、イノベーションの源泉となる「余白」

4 リーガルデザイン創造性、イノベーションを加速させるための新しい法の設計論

5 第一部のおわりに 法という社会のOSを更新するために

第二部 リーガルデザイン各論─各分野の考察から

1 音楽

2 二次創作

3 出版

4 アート

5 写真

6 ゲーム

7 ファッション

8 アーカイヴ

9 ハードウェア

10 不動産(建物、土地、都市)

11 金融

12 家族

13 政治

第二部のおわりに 「なめらかな社会」における法の役割とは

アウトロ ─ 複雑な社会を複雑なまま受容するために─

著者紹介

奥付

BUSINESS LAWYERS LIBRARYに登録すると
500冊以上の本を読むことができます。

10日間無料
お試しいただけます。

閉じる