BUSINESS LAWYERS LIBRARY

航空機ファイナンスにおける担保制度統一の分析

発売日
2016年03月25日
出版社
法律文化社
編著等
佐藤育己

近年の航空機市場の急速な拡大と効率化に、法はどのような役割・機能をはたしているのかを考察、解明。法解釈学の枠にとどまらない画期的な考察は、日本における学術的な議論の空白を埋め、新たな学際的対話の可能性を示す。

目次

表紙

はしがき

目次

はじめに

第1章 国家を組み込んだゲームのルール確立の軌跡

I 導入

Ⅱ 受益者主導による統一私法条約の起草

1 条約形式による私法統一の特徴と問題点

2 経路からの離脱:受益者の組織化

3 集団的な(collective)交渉テーブルの創出:二元構造の採用

Ⅲ 私的実行を中核とする担保制度の建設

1 国際担保権の私的実行方法

2 権利関係の可視化:国際登録簿の設置

3 実行手続の円滑化

Ⅳ 国家との駆け引き

1 国家の支持を引き出すための方策とその効果

2 締約国検索サービス

3 ケープタウン条約割引制度

V 結語

第2章 公示・対抗制度統一の現状

I 導入

Ⅱ 1948年ジュネーブ条約の概要と意義

1 モデルの設定

2 概要

3 意義

Ⅲ 1948年ジュネーブ条約をめぐる諸問題

1 実質規定の問題点

2 抵触法的構造の限界

3 外部化された課題

Ⅳ 2001年ケープタウン条約・航空機議定書による実質法統一

1 単一法システムの構想

2 国際登録システム

3 対抗問題の一元的解決

V 結語

第3章 統一担保制度誕生までの葛藤と和解の力学

I 導入

Ⅱ 基本設定

1 航空機担保権の実行

2 航空機ファイナンス

3 条約の採択と批准

Ⅲ 産業界の要望を満たすための方策

1 産業団体の参画

2 二元構造

3 信義則の不採用とオフィシャル・コメンタリーの作成

4 私的自治の応用

5 モデルに基づく考察

Ⅳ 国家の支持を引き出すための方策

1 対象物件の限定

2 宣言システム

3 モデルに基づく考察

V 結語

第4章 自律的メタ秩序による信用創出のダイナミックス

I 導入

Ⅱ 航空機ファイナンスをめぐる法的・政治的課題とケープタウン条約

1 法の多様性

2 法の内容

3 機会主義リスク

Ⅲ 基本モデル

1 融資契約

2 時間非整合性の問題

Ⅳ ケープタウン条約の諸制度

1 事後の制約としてのホワイトリスト・システム

2 事前の参加条件としての宣言システム

V 結語

おわりに

別表 条約と締約国数(2015年9月19日現在)

参考文献一覧

人名・事項索引

著者紹介/底本奥付

電子版奥付

BUSINESS LAWYERS LIBRARYに登録すると
1000冊以上の本を読むことができます。

10日間無料
お試しいただけます。

法人利用のお問い合わせ

閉じる