BUSINESS LAWYERS LIBRARY

伊藤真の行政法入門[第3版]

発売日
2021年10月10日
出版社
日本評論社
編著等
伊藤 真

行政法理論の基礎を行政に関わる法律の全体像と趣旨、内容通じて簡潔に解説。最新の法改正、判例を踏まえて改訂。

目次

表紙

第3版はしがき

新シリーズ刊行にあたり

はじめに

目次

第1編 憲法と行政法

第1章 行政法という法

I 日常生活と行政法

II 「行政法」という法律はない

III 勉強方法と行政法を学ぶ意味

第2章 行政法と六法

I 行政法は「六法」ではない

II 六法にいれてもらえなかった行政法

III 日本行政法の起源

第3章 憲法と行政法

I 憲法と行政法の異同

II 両者の関係

第4章 憲法の人権保障と行政法

I 人権と行政の裁量

II 適正手続

III 裁判を受ける権利と民事訴訟・行政訴訟

IV 裁判を受ける権利と訴訟要件

第5章 憲法の統治機構と行政法

I 憲法41条と法律による行政の原理

II 国民主権(説明責任)

III 特別裁判所の禁止と行政裁判所

IV 憲法問題を裁判で争うには?

第1編 理解度クイズ

第2編 行政法とは何か

第1章 行政法の3分野

I 行政組織法

II 行政作用法

III 行政救済法

第2章 公法と私法

I 二元論

II 一元論

III 新しい動き

第3章 行政の仕組み―行政組織法

I 行政主体

II 行政機関

III 行政庁

IV 補助機関

V 諮問機関と参与機関

VI 「行政機関」という言葉の2つの意味

VII 公務員

第2編 理解度クイズ

第3編 行政法の基本構造

第1章 法律による行政の原理

I 法律による行政の原理の誕生

II 形式的法治主義

III 法律による行政の原理の価値

第2章 法律による行政の原理の内容

I 法律の法規創造力

II 法律の優位

III 法律の留保

第3章 行政過程 ―行政作用法

I 行政の行為形式

II 行政行為の効力

III 行政裁量

第4章 行政争訟 ―行政救済法

I 行政救済法の体系

II 行政事件訴訟法の全体像

III 国家賠償法

IV 損失補償

第5章 現代の行政法

I 行政法の基本構造は近代行政法モデルから生まれた

II 現代行政法の視点1 ─規制行政から給付行政へ

III 現代行政法の視点2 ─二面関係から三面関係へ

IV 現代行政法の視点3 ─事後救済から事前予防へ

V 現代行政法の視点4 ─情報独占から情報公開へ

第3編 理解度クイズ

あとがき

判例索引

理解度クイズ解答

奥付

BUSINESS LAWYERS LIBRARYに登録すると
1000冊以上の本を読むことができます。

10日間無料
お試しいただけます。

法人利用のお問い合わせ

閉じる