田中 雅敏弁護士の執筆した記事一覧 - 3ページ

21〜23件を表示 23

海外で会社名や商品名を勝手に商標出願された場合の対応は(冒認商標対策)

商標権の重要性  企業の名前や商品名など、「のれん」として需要者からの信頼の対象となる大切な「名前」が、商標です。通常、企業においては、事業活動をするにあたって、自社のこうした名前を商標登録していることが多いと思います。  もし、商標登録していなかった場合は、模倣品等が出てきたとしても、適切に対...

田中 雅敏弁護士
明倫国際法律事務所

知的財産権・エンタメ

海外取引や投資に必要な商標と知的財産戦略の基本

知的財産権は「国ごと」の権利  特許、実用新案、意匠、商標、といったいわゆる産業財産権と呼ばれる知的財産権は、国ごとの権利であり、権利の保護を受けようとする国で登録をしておかないと、その国では効果がありません。  したがって、たとえばA国に商品を販売したり、現地に進出して事業を展開しようとする場合...

田中 雅敏弁護士
明倫国際法律事務所

知的財産権・エンタメ

海外取引や投資における、効果的な商標や意匠の使い方

ブルーオーシャンを「名前」で抑える  まだその国に全くない製品やサービス(以下、「製品等」といいます)を展開する場合、その製品等の固有名詞は、そのまま、その製品等の一般名詞になりえます。したがって、その名称を商標権でしっかり抑えておくことは、その国のその市場をすべて抑えることにもつながります。  ...

田中 雅敏弁護士
明倫国際法律事務所

知的財産権・エンタメ
コンテンツの更新情報、法改正、重要判例をもう見逃さない!メールマガジン配信中!無料会員登録はこちらから