営業ロスや業務効率化にも貢献!名刺やメール署名から早期に取引リスクを検知「リスクチェック」PR

営業が複数回の商談を終え、あとは「契約するだけ」。この段階で取引先に潜むリスクが明らかになり、破談にせざるを得なくなった…こんな経験はありませんか?企業活動におけるコンプライアンスの重要性は日々高まっていますが、取引先の調査が適切なタイミング・精度で行われなければ、無駄な労力を割いたうえにビジネスを鈍化させる要因にもなりかねません。本資料では、こういった問題解決に有効なSansanの「リスクチェック」を紹介します。名刺を用いた自動スクリーニング機能など、導入検討に役立つ情報がまとまっています。

目次

  • 急速に進展した業務のデジタル化
  • 顧客情報と各種データを連携し、ビジネスに活用
  • 顧客情報の登録だけで、取引リスク早期検知「リスクチェック」
  • 「リスクチェック」ご利用の流れ
  • コンプライアンスチェックにおける「公知情報の検索」を自動化
  • 「リスクチェック」3つのメリット
  • 「リスクチェック」の主な機能と特長
  • 企業の代表者「個人」のコンプライアンスチェックも可能
  • 代表者のリスクチェック
PDF

営業ロスや業務効率化にも貢献!名刺やメール署名から早期に取引リスクを検知「リスクチェック」をシェア