【SmartHR法務 × 10X CFO】が語る、スタートアップの急成長を支える「守り」の体制と具体的構築方法PR

急成長を目指すスタートアップでは売上拡大が求められますが、中長期的な企業価値の向上には「守り」の体制を作ることも重要です。 本資料では、日本を代表するスタートアップ企業の法務を担う、株式会社SmartHR法務マネージャー小嶋陽太氏と株式会社10X取締役CFO山田聡氏をゲストに迎え、株式会社Hubble CLOの酒井氏がモデレーターとしてスタートアップにおける法務の役割、事業部門との連携のあり方、組織作りの方法論やIPO準備についての考え方等、具体的なエピソードを深掘りしたイベントの様子をお届けします。

目次

    【1】急成長スタートアップで求められる「守り」の体制とは
  • 事業部は「攻め」、管理部は「守り」か?
  • 上場、さらにその後の成長に向けた現時点で意識していること
  • 【2】管理責任者が担うべき役割、心構え
  • 組織・事業成長における自身のミッション
  • スタートアップ参画前のキャリアや経験が生きる点、unlearningしなければならない点
  • 【3】組織に関して
  • チーム構成・採用
  • 業務効率化に向けての工夫(オペレーション、他部門とのコミュニケーション等)
  • 【4】質疑応答
  • チーム構成・採用
  • スタートアップの法務の役割・意識
  • 採用
  • 業務効率化のタイミング
PDF

【SmartHR法務 × 10X CFO】が語る、スタートアップの急成長を支える「守り」の体制と具体的構築方法をシェア