取引先のリスク調査の工数を削減する反社チェック専用ツール「RISK EYES」PR

2011年までにすべての都道府県で暴力団排除条例が施行され、上場企業や金融系事業者をはじめとして、反社会的勢力排除の取り組みが標準活動として位置付けられるようになってきています。本資料では、新聞記事やWebメディア等の公知情報の検索による取引先のリスク調査の工数を削減する反社チェック専用ツール「RISK EYES」を紹介しています。48の新聞メディア、約2,400のWebメディア、暴力団・不祥事に特化したサイトを対象にした「情報のフィルタリング」「絞り込み検索」などの様々な機能を解説しています。

目次

  • 会社概要
  • 公知情報の検索ツール(サービス)
  • 多くの企業の実態
  • RISK EYESで実現できること
  • 特長
    - 特⻑(1)余分な記事をフィルタリング
    - 特⻑(2)企業名(⼈名)だけの簡単検索
    - 特⻑(3)多彩な「絞込検索」
    - 特⻑(4)同系記事をまとめて表示
    - 特⻑(5)「証拠」の保管作業も軽減
    - 特⻑(6) ⾃動で差分検索
  • 画面検索イメージ
  • 一括検索イメージ
  • 料金
  • 調査対象メディア
  • ご利用開始までの流れ
PDF

取引先のリスク調査の工数を削減する反社チェック専用ツール「RISK EYES」をシェア