契約審査業務の「読む」「直す」「仕上げる」負担を解消するAI契約審査クラウド「GVA assist」PR

契約審査業務は、自社のビジネスを成功させ、将来の紛争を予防するために、書面上でリスクを適切にコントロールすることを求められる、難易度の高い業務です。本資料では、GVA TECH株式会社が提供するAI契約審査クラウド「GVA assist」(ジーヴァ アシスト)が、契約審査における「読む」「直す」「仕上げる」負担をどのように解消するか、具体的なプロセスにあわせて紹介。実際に利用中のユーザーへのアンケート結果として、GVA assist導入後の契約審査業務や締結した契約の変化についてもまとめています。

目次

  • GVA TECH株式会社の概要
    ・ご導入企業・法律事務所
    ・ご利用者様が実感した導入効果
  • 契約業務の課題と解決
    ・法務部門の課題・背景
    ・GVA assistで実現する「リスクコントロールの効率化」
  • コンセプト
    ・GVA assistとは?
    ・開発背景
    ・対応する課題とメリット
  • 事例
    ・企業の法務部門が得られているベネフィット(一部)
    ・弁護士が得られているベネフィット(一部)
    ・導入事例
  • 主要機能
    ・GVA assist機能概要
    ・契約書を読む:論点検知(リスク単語/不足単語/不足条文)
    ・契約書を直す:理想の条文案/譲歩案の提示
    ・契約書を直す:条文検索
    ・契約書を仕上げる:形式チェック(表記揺れ、条番号ずれ、引用条項)
    ・契約書をゼロから作る:ドラフト作成(ひな型ダウンロード)
    ・ナレッジを再活用する:条文ストック
    ・GVA assistに搭載されている、弁護士監修の契約ノウハウ
  • 「自社基準」での契約審査の効率化
    ・「自社基準」による課題解決
    ・GVA assistの「自社基準」とは?
    ・自社基準のメリット
    ・自社基準での審査イメージ
  • セキュリティ・ご提供プラン・サポート体制・お問合わせ
    ・GVA assistのセキュリティ
    ・プランについて
    ・プランの比較
    ・充実したサポート体制
    ・よくいただくご質問
    ・ご興味をお持ちいただいた方へ
  • 機能一覧
    ・GVA assistの機能一覧1〜3
  • 弁護士法72条に関する法務省回答について
    ・GVA assistの適法性
PDF

契約審査業務の「読む」「直す」「仕上げる」負担を解消するAI契約審査クラウド「GVA assist」をシェア