契約書ファイルの本当の最終版は一体どれ?契約業務で陥りがちなコミュニケーション上の課題に対する最適解を紹介PR

昨今のコロナ禍でリモートワークが推進されるなか、ビジネスチャットの導入が進むなど、社内コミュニケーションの方法は大きく変化してきています。契約業務では、事業部とのやり取りや上長のレビュー、関係各所への調整などが頻繁になるほど、情報の整理も難しくなる傾向があります。以下の画像のようにファイルが乱立することも多いのではないでしょうか。本資料では、リーガルテックツールの「Hubble」を用いた、煩雑になりがちなドキュメント管理を効率化する方法を紹介。もう契約書の最終版がどこにあるのかを探したくない方は必見です。

目次

  • 契約業務におけるコミュニケーションの最適解とは?  
    • 契約業務に関するコミュニケーションコスト
    •  ・ドキュメントを「添付ファイル」として共有することによる
        コミュニケーションコスト
       ・ 情報分散によるコミュニケーションコスト  
    • ソリューションとしてのリーガルテックHubble
    • コミュニケーションの改革から真のDXへ

PDF

契約書ファイルの本当の最終版は一体どれ?契約業務で陥りがちなコミュニケーション上の課題に対する最適解を紹介をシェア