企業間取引の「契約トラブル事例」「契約書審査のポイント」を解説!業務効率化に向けたAI契約書審査ツールの活用ガイドブックPR

企業における法務機能強化の必要性が叫ばれるなか、リーガルテックの技術進歩により、法務機能を補完することが可能になってきています。 契約書レビューAIクラウド「LeCHECK」を提供する株式会社リセがまとめた本ガイドブックでは、企業間取引で発生しがちな契約トラブル事例の紹介や、よくある契約書の修正すべきポイントを解説。そのうえで、AIを用いた契約書審査(チェック)ツールにフォーカスし、主な活用方法やもたらす価値、導入事例などについて紹介しています。

目次

  • はじめに
  • 取引において契約で気をつけるべきポイント
    ・トラブルが発生しがちな取引と回避するためのポイント
    ・まとめ
  • 契約書審査のポイント
    1.秘密保持契約の例
    2.売買基本契約の例
    3.業務委託契約書の例
    まとめ
  • 「リーガルチェック」Tech の価値
    ①探し物時間の短縮
    ②作業時間の短縮と品質の向上
    ③業務の属人化の防止
    ④教育的効果
    ・弁護士とリーガルテックの関係
  • 「リーガルチェック」Tech の便利な活用方法
    1.「リーガルチェック」Tech を使って契約書をチェックする方法
    2.「リーガルチェック」Tech を使って契約書を作成する方法
    3.「リーガルチェック」Tech を使って保管管理する方法
    4.リーガル AI レビュー導入事例
  • まとめ
    ・お問い合わせ先
PDF

企業間取引の「契約トラブル事例」「契約書審査のポイント」を解説!業務効率化に向けたAI契約書審査ツールの活用ガイドブックをシェア