98%のユーザーが継続利用、契約書管理システム「Hubble」が導入され、継続されるその機能を紹介PR

働き方の変化が加速し、対面・Web会議・チャットなどコミュニケーション方法が多様化するなか、契約法務では情報・履歴の分散や、属人化などの課題が表面化。特に上場前後の企業では書面管理や申請ワークフロー、コミュニケーションなどに関する課題解決が求められます。本資料では、解約率わずか1.59%と多くの企業が導入効果を実感している「Hubble」による、契約法務で生じやすい課題の解決法を紹介。また、他サービスとの連携を含む導入メリットや、Hubbleが実現する契約書の管理・共有のスマート化について説明しています。

目次

  • 会社概要
  • 法務業務における課題とリスク
    ・既存ワークフローの整理
    ・情報の分散
    ・情報の属人化
  • コロナ化における法務業務の変化
    ・働き方の変化
    ・締結方法の多様化
  • 法務課題を解決するHubble
    ・Hubble導入後のフロー
    ・Hubble導入によるメリット
  • Hubbleの導入で解消
    ・契約のやり取り
    ・締結
    ・管理
    ・その他サービス連携
  • 導入事例
  • セキュリティ
  • 価格
  • その他
    ・自動バージョン管理
    ・差分抽出
    ・コミュニケーション機能
    ・高度な検索機能
    ・台帳(アラート)機能
    ・電子契約などと連携
  • OneNDAについて
PDF

98%のユーザーが継続利用、契約書管理システム「Hubble」が導入され、継続されるその機能を紹介をシェア