契約法務のデジタル化(DX)を成功に導く取り組み順序と対象業務の検討ポイントPR

新型コロナウイルスの流行により法務部門でもテレワークを導入する企業が増えています。一方で、捺印や紙に依存した業務等への対応により出社せざるを得ないケースや、既存業務の効率・品質への影響に課題を感じる担当者も多いようです。本資料では、株式会社LegalForceが法務担当者300名に行ったアンケート結果を紹介。テレワークへの移行状況や業務品質に影響が出ている分野を説明しています。また契約法務のデジタル化(DX)を成功させるための取り組み順序や、まず取り組むべき業務を検討するポイント等について解説しています。

目次

  • 1.法務部門における「テレワークの実態」
  • 2.契約法務の課題を解決する「DXの全体像」
  • 3.契約法務のDXにおける「正しい取り組み順序」
  • 4.契約法務のDX、成功への「ロードマップ」
  • 5.LegalForce活用で契約法務のDXがなぜ加速するのか
PDF

契約法務のデジタル化(DX)を成功に導く取り組み順序と対象業務の検討ポイントをシェア