企業に迫るグローバルリスクと、スクリーニングの重要性が増す理由 〜アンケート結果から見る、企業の取り組みの実状と課題〜PR

グローバル化が進む昨今、取引や事業展開がグローバルにわたるか否かにかかわらず、企業のビジネスは国際情勢の影響を免れません。しかし、取引相手の調査を行う際、大半の国内企業は、倒産リスクなどの財務面のチェックに終始しており、相手企業・関係企業の実態や取引相手国の情勢といった深度での調査は十分に行えていないようです。本資料では企業によるスクリーニング・デューデリジェンスの対応状況等について聞いたアンケートの結果を紹介。またスクリーニング等を実施する際に企業をサポートするサービスについて説明しています。

目次

  • 十分とはいえない国内企業のグローバルリスク対策と認識
  • M&A時には通常の取引よりも入念で継続的なリスク調査が必要
  • 対策が不十分な場合に想定されるリスク
  • アンケートから見えた国内企業の認識と実情
  • 外部システムや外部委託の活用ニーズは増加の見込み
  • スクリーニング・デューデリジェンスの重要性は今後一層高まる
PDF

企業に迫るグローバルリスクと、スクリーニングの重要性が増す理由 〜アンケート結果から見る、企業の取り組みの実状と課題〜をシェア