に関する実務Qamp;A

1361〜1370件を表示 1386

変形労働時間を取り入れる際に就業規則の作成において留意すべきポイント

1か月の間で労働時間を調整  1か月単位の変形労働時間制は、1か月の間で、1週間あたりの平均労働時間が40時間以内であれば、特定の日や特定の週について、1日8時間、1週40時間を超えて労働させることができます(労働基準法32条の2)。 労働基準法 第32条の2  使用者は、当該事業場に、労働者...

世良田 文子社労士
田中セラタ事務所 社会保険労務士法人・行政書士事務所

人事労務

退職前の社員にまとめて年休を申請された場合にどう対応するか

年次有給休暇のキホン  従業員が、入社から6か月を経過し、全労働日の8割以上労働した場合、年次有給休暇が発生します(労働基準法39条)。その日数は、短時間労働者以外の場合は下記のとおりとなります。この年次有給休暇付与の要件、日数は、労働基準法の改正によって見直されています。仮に就業規則で改正前の支...

世良田 文子社労士
田中セラタ事務所 社会保険労務士法人・行政書士事務所

人事労務

裁量労働制とはどのような制度なのか。導入する方法は?

裁量労働制とは  「裁量労働制」とは、業務の遂行方法が大幅に労働者の裁量に委ねられる一定の業務に携わる労働者がいることを踏まえ、そういった労働者に関しては、実労働時間によって労働時間を計算するのではなく、みなし時間によって行うことを認める制度をいいます。  裁量労働制には、「専門業務型裁量労働制」...

石川 弘子社労士
フェリタス社会保険労務士法人

人事労務

フレックスタイム制の休憩時間は一斉に与えなければならないのか

フレックスタイム制とは  こちらについては、「フレックスタイム制とはどのような制度か」をご覧ください。 フレックスタイム制における休憩時間の設定  フレックスタイム制は、始業・終業の時刻を各労働者が決定できる制度ですから、各日の労働時間が何時間であるか把握することが困難になります。その場合、労...

石川 弘子社労士
フェリタス社会保険労務士法人

人事労務

リストラを行う場合に留意すべきポイント

解雇に関する法律上の考え方  従業員を雇う際は、「雇用契約」を締結し、従業員は使用者に労働を提供し、使用者は約束した賃金を支払います。この「契約」を使用者側から一方的に解除するのが、いわゆる「解雇」です。  従業員側からすると、使用者側からの一方的な通告である「解雇」は生活を脅かすものですから、...

石川 弘子社労士
フェリタス社会保険労務士法人

人事労務

過労死はどのような時に労災として認められるのか

労災とは  労働者災害補償保険法は、労働者の業務上の負傷、疾病、障害または死亡に対して保険給付を行うと定めています(労働者災害補償保険法7条)。  労働者が被った災害(傷病、障害、死亡)が「業務上」のものであると認められるためには、業務を遂行していたこと、すなわち使用者の指揮命令の下に拘束されてい...

石川 弘子社労士
フェリタス社会保険労務士法人

人事労務

交通費は賃金に含まれるのか

賃金とは  「賃金」の定義については、労働基準法で次のように定義されています。 労動基準法11条  この法律で賃金とは、賃金、給料、手当、賞与その他名称の如何を問わず、労働の対償として使用者が労働者に支払うすべてのものをいう。  したがって、交通費がそもそも労働の対象で、「賃金」に該当するの...

石川 弘子社労士
フェリタス社会保険労務士法人

人事労務

会社は従業員の減給を自由に行うことができるのか

減給が行われるケースとは  賃金が引き下げられる減給には、大きく分けて以下のようなケースが考えられます。 懲戒処分として減給となるケース 懲戒処分として降格された結果、減給となるケース 人事上の降格によって減給となるケース 懲戒処分として減給するケース  懲戒処分として減給する場合、労働...

石川 弘子社労士
フェリタス社会保険労務士法人

人事労務

所定労働時間が短い社員について割増賃金を計算する際に留意すべきポイント

時間外、休日および深夜の割増賃金  労働基準法32条の定める1週40時間・1日8時間という労働時間の原則は、正規社員でも、短時間社員でも同じように適用されます。  したがって、個別の労働条件の締結において、1日8時間以下の所定労働時間を定めた場合、8時間までは、通常の時間単価の賃金を支払うことにな...

林 哲也社労士
社会保険労務士法人 合同経営

人事労務

残業手当の計算はどのように行うか

割増賃金はどう計算するか?  割増賃金を計算する際は、「通常の労働時間の賃金」または「通常の労働日の賃金」の時間単価を算出して、これに割増率を乗じて、時間外労働の時間数や休日出勤の時間数などを掛けて計算します。 割増賃金 = 「通常の労働日の賃金」の時間単価 × 割増率 × 時間外労働または休...

林 哲也社労士
社会保険労務士法人 合同経営

人事労務

人気の実務Q&A

  • コーポレート・M&A
  • 取引・契約・債権回収
  • IT・情報セキュリティ
  • 人事労務
  • 知的財産権・エンタメ
  • 事業再生・倒産
  • 危機管理・内部統制
  • 競争法・独占禁止法
  • ファイナンス
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
  • 税務
  • 不動産
  • 資源・エネルギー
  • 法務部
  • ベンチャー