に関する実務Qamp;A

1311〜1320件を表示 1329

会社は従業員の減給を自由に行うことができるのか

減給が行われるケースとは  賃金が引き下げられる減給には、大きく分けて以下のようなケースが考えられます。 懲戒処分として減給となるケース 懲戒処分として降格された結果、減給となるケース 人事上の降格によって減給となるケース 懲戒処分として減給するケース  懲戒処分として減給する場合、労働...

石川 弘子社労士
フェリタス社会保険労務士法人

人事労務

所定労働時間が短い社員について割増賃金を計算する際に留意すべきポイント

時間外、休日および深夜の割増賃金  労働基準法32条の定める1週40時間・1日8時間という労働時間の原則は、正規社員でも、短時間社員でも同じように適用されます。  したがって、個別の労働条件の締結において、1日8時間以下の所定労働時間を定めた場合、8時間までは、通常の時間単価の賃金を支払うことにな...

林 哲也社労士
社会保険労務士法人 合同経営

人事労務

残業手当の計算はどのように行うか

割増賃金はどう計算するか?  割増賃金を計算する際は、「通常の労働時間の賃金」または「通常の労働日の賃金」の時間単価を算出して、これに割増率を乗じて、時間外労働の時間数や休日出勤の時間数などを掛けて計算します。 割増賃金 = 「通常の労働日の賃金」の時間単価 × 割増率 × 時間外労働または休...

林 哲也社労士
社会保険労務士法人 合同経営

人事労務

残業手当の計算方法を間違ってトラブルになってしまう場合について

労務の提供の無い場合の「欠勤控除」と、時間外労働の「割増手当」の原則 ノーワーク・ノーペイの原則  労働基準の原則のひとつに「ノーワーク・ノーペイの原則」があります。「労働者の責任である」もしくは「労働者と使用者のどちらの責任でもない」場合において、労務の提供が無い日や時間に関しては、会社には賃...

林 哲也社労士
社会保険労務士法人 合同経営

人事労務

インドの法制度の特色と日本の法制度との違い

 インドの法体系はコモンロー  インドは、英国の植民地であった歴史的沿革から、英国の法制度の影響を強く受けており、コモンロー(common law)という法体系を採っています。コモンローとは、イギリスにおいて発展した先例(判例、伝統、慣習等)に重きを置く法体系です。日本は成文法を法源の基礎とする大...

大河内 亮弁護士
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所 外国法共同事業

国際取引・海外進出

インド進出にあたってどのような拠点を設立するべきか

 インドにおいて事業活動を行う拠点を設立する場合、会社(Company)、支店(Branch)、駐在員事務所(Liaison Office)を設立することが考えられます。  なお、このほかに、プロジェクト・オフィス(Project Office)というものが利用されることがありますが、やや特殊な制...

大河内 亮弁護士
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所 外国法共同事業

国際取引・海外進出

インドでの会社設立時に制約を受ける外資規制とは

外国直接投資規制(FDIポリシー)とは  日本の会社が、インドにおいて新規に会社を設立して新株の発行を受けたり、既存株式の譲渡を受けたりする場合(外国直接投資)には、事業分野によっては、外資規制による制約を受けます。  インドにおける外国直接投資は、「統合版外国直接投資方針(Consolidat...

大河内 亮弁護士
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所 外国法共同事業

国際取引・海外進出

インドでの会社設立に必要な取締役の人数は

会社設立にあたって必要な取締役の人数  非公開会社においては、取締役は最低2名必要ですので、取締役を1名とすることはできません。  なお、公開会社の場合は、最低3名必要です。 会社の種別 取締役の最低必要人数 非公開会社 2名...

大河内 亮弁護士
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所 外国法共同事業

国際取引・海外進出

インドの会社における監査人、秘書役とはどのような役職か

監査人(auditor)とはどのような役職か  インド会社法上、監査人(auditor)は、会社の会計監査および監査意見の表明の権限を有します。一方、日本法における監査役が有するようないわゆる業務監査権限は有していません。  また、監査人となれる者は、勅許会計士の資格を有する者または会計事務所に...

大河内 亮弁護士
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所 外国法共同事業

国際取引・海外進出

インド人の創業者から株式を譲り受ける場合、価格は自由に決められるのか

価格ガイドラインに基づく価格規制  外国為替管理法(Foreign Exchange Management Act, 1999)においては、インド非居住者が、インドの会社の既存株式をインド居住者から購入し、またはインド居住者に譲渡する場合等に、譲渡価格を完全に自由に合意することはできず、「価格ガイ...

大河内 亮弁護士
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所 外国法共同事業

国際取引・海外進出

人気の実務Q&A

  • コーポレート・M&A
  • 取引・契約・債権回収
  • IT・情報セキュリティ
  • 人事労務
  • 知的財産権・エンタメ
  • 事業再生・倒産
  • 危機管理・内部統制
  • 競争法・独占禁止法
  • ファイナンス
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
  • 税務
  • 不動産
  • 資源・エネルギー
  • 法務部
  • ベンチャー