に関する実務Qamp;A

1〜10件を表示 1316

自社の役員・社員が週刊誌に取り上げられる場合に取りうる対応は

はじめに  自社の代表、社員を取り上げた週刊誌が発売された場合、取り上げられた本人のプライバシー侵害や名誉毀損につながる可能性や、事実と異なる内容まで書かれてしまうおそれもあります。レピュテーションリスクなど企業経営に対して与える影響を少なくするためにも、適切な対応が求められます。  名誉毀損ま...

佐藤 大和弁護士
レイ法律事務所

危機管理・内部統制

緊急措置的に導入したテレワークを恒常施策とする際の留意点 – テレワークの実施範囲・ICT環境の精査方法

テレワークの導入プロセス  別稿 1 では、コロナ禍を機に緊急措置として導入したテレワークの運用見直しや恒常施策への切り替えに際する準備作業として検討すべき調査項目について、主にセキュリティ対策の面から解説しました。  もっとも、本来、テレワークの導入に際しては、情報漏えい等のリスクに対処するた...

義経 百合子弁護士
弁護士法人片岡総合法律事務所

IT・情報セキュリティ

緊急措置的に導入したテレワークを恒常施策とする際の留意点 - セキュリティ対策、教育・研修等の実施方法

テレワークの導入プロセス  前稿でも解説したとおり、恒常的な施策としてテレワークを導入するにあたっては、本来の導入プロセスを前提として、たとえば、下図のような導入プロセスを踏まえることが考えられます。具体的には、必要なルールの策定や、ICT環境を整備するなどの準備検討とともに情報漏えい等のリスクに...

義経 百合子弁護士
弁護士法人片岡総合法律事務所

IT・情報セキュリティ

パワハラを起こした企業が負う責任とコンプライアンスリスク - パワハラ防止法の概要

パワーハラスメントのコンプライアンスリスク  パワーハラスメント(以下「パワハラ」といいます)を行った加害者は、被害者に対して責任を負います。さらに、使用者である事業主も以下のような責任やリスクを負う場合があります。  深刻なパワハラ事案が発生した場合、被害者に多大な精神的・肉体的苦痛が及ぶだけ...

長瀨 佑志弁護士
弁護士法人長瀬総合法律事務所

危機管理・内部統制

パワーハラスメントの判断基準とは - パワハラ指針のポイント

パワハラ指針の公表  いわゆる「パワハラ防止法」の制定に伴い、令和2年1月15日、「事業主が職場における優越的な関係を背景とした言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき措置等についての指針(厚生労働省告示第5号)」(以下「パワハラ指針」といいます)が公表されました。  パワハラ指針は、労働施...

長瀨 佑志弁護士
弁護士法人長瀬総合法律事務所

危機管理・内部統制

DXに取り組むうえで知っておきたい7つの政府施策・制度

DXに関する政府の施策  政府は、競争力の維持・強化のために、企業のDXの推進を、企業内面への働きかけと、市場整備という企業外面からの働きかけの両面から、政策として行ってきました。  経済産業省は、2018年9月に「DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~」を公表...

福岡 真之介弁護士
西村あさひ法律事務所

IT・情報セキュリティ

注目度が高まるAI倫理と個人情報保護の関係 - カメラ画像の利活用を題材に

はじめに  技術の進歩によりカメラ画像における顔認識・認証技術の利活用の有用性はより一層増しています。たとえば、カメラ画像を解析・顔認証することであらかじめ設定しているVIPを瞬時に判別し、特別なサービスを提供すること、セキュリティゲートを顔認証で通過することや、指名手配犯など要注意人物・危険人物...

池田 毅弁護士
池田・染谷法律事務所

IT・情報セキュリティ

コンバーティブル・エクイティとコンバーティブル・ノートの違いと特徴

 本解説シリーズの各論点の目次は「「コンバーティブル・エクイティ」をはじめとしたいわゆる「コンバーティブル投資手段」の概要および実務Q&A」をご参照ください。 米国のシード期資金調達におけるコンバーティブル・ノートからコンバーティブル・エクイティへの進化 米国のシード期資金調達におけるコ...

飯島 隆博 弁護士
森・濱田松本法律事務所

ベンチャー

いわゆる「コンバーティブル投資手段」のメリット(3)- インセンティブ設計の柔軟性による事業会社とのオープンイノベーションの促進

 本解説シリーズの各論点の目次は「「コンバーティブル・エクイティ」をはじめとしたいわゆる「コンバーティブル投資手段」の概要および実務Q&A」をご参照ください。 スタートアップと事業会社におけるオープンイノベーションのジレンマ  スタートアップと事業会社の「オープンイノベーション」という用...

飯島 隆博 弁護士
森・濱田松本法律事務所

ベンチャー

いわゆる「コンバーティブル投資手段」のメリット(2)- 契約交渉等の手続の簡素化

 本解説シリーズの各論点の目次は「「コンバーティブル・エクイティ」をはじめとしたいわゆる「コンバーティブル投資手段」の概要および実務Q&A」をご参照ください。 前提:株式による資金調達を行う場合の契約交渉の負担  株式による資金調達を行うスタートアップが強いられる負担には、①企業価値評価...

飯島 隆博 弁護士
森・濱田松本法律事務所

ベンチャー

人気の実務Q&A

  • コーポレート・M&A
  • 取引・契約・債権回収
  • IT・情報セキュリティ
  • 人事労務
  • 知的財産権・エンタメ
  • 事業再生・倒産
  • 危機管理・内部統制
  • 競争法・独占禁止法
  • ファイナンス
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
  • 税務
  • 不動産
  • 資源・エネルギー
  • 法務部
  • ベンチャー