すべての実務Q&A

71〜80件を表示 83

消費者契約法により無効とされる、事業者が負担する損害賠償責任の免除条項とは

消費者契約法が定める無効となる条項とは  消費者契約法は、事業者と消費者との間に情報の質・量、交渉力に構造的な格差があることから、事業者の損害賠償の責任を免除する条項を無効とすること(同法8条)、消費者が支払う損害賠償の額を予定する条項等を無効とすること(同法9条)、消費者の利益を一方的に害する条...

古川 昌平弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

取引・契約・債権回収

消費者契約法により一部無効とされる、消費者が負担する損害賠償額予定条項とは

設例のイメージ 無効とされる消費者が支払う損害賠償の額を予定する条項等(消費者契約法9条)とは  消費者契約法9条は、消費者が不当な金銭的負担を強いられることがないように、消費者契約の解除の際等に消費者が負担する損害賠償額の予定または違約金を定める条項について、一定の限度を超える部分...

古川 昌平弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

取引・契約・債権回収

消費者契約法により無効とされる、消費者の利益を一方的に害する条項とは

無効とされる消費者の利益を一方的に害する条項(消費者契約法10条)とは  消費者契約法は、事業者と消費者との間に情報の質・量、交渉力に構造的な格差があることから、事業者の損害賠償の責任を免除する条項を無効とすること(同法8条)、消費者が支払う損害賠償の額を予定する条項等を無効とすること(同法9条)...

古川 昌平弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

取引・契約・債権回収

取引基本契約書を作成する時に注意すべきポイントは

目次 リスク回避のための契約書 取引基本契約書に入れる条項 目的となる商品 個別契約 納入 検収・受領 所有権・危険負担 支払時期 連帯保証人 反社会的勢力の排除 解除 期限の利益の喪失 リスク回避のための契約書  売買契約は口頭で成立しますが、口約束だけですと、納期・売買代金の額...

平山 浩一郎弁護士
弁護士法人中央総合法律事務所

取引・契約・債権回収

法人保証をとる場合に注意すべきポイントは?

はじめに  会社と取引を行うときは、信用を補完するために、保証人をつけることがあります。会社の代表者の個人保証をつけることも多いですが、場合によっては関係会社など法人との間で保証契約を締結することもあります。  本稿では、法人保証をとる場合にどのような点に留意すべきか解説します。  なお、個人保証...

平山 浩一郎弁護士
弁護士法人中央総合法律事務所

取引・契約・債権回収

債権執行とはどのような手続きか

目次 債権執行手続とは 債権執行とは 債権執行と不動産執行 手続の概要 債権差押命令申立における留意点 債権執行手続とは 債権執行とは  債権執行は、担保権または債務名義に基づく強制執行のうち対象たる財産が債権であるものです。執行の対象となる財産が債務者の第三債務者に対する債権という他...

西中 宇紘弁護士
弁護士法人中央総合法律事務所

取引・契約・債権回収

連帯保証人の債務承認と時効の中断

問題の所在  前提として、X社がY社に1,000万円の貸し付けを行い、同時にZがY社のX社に対する貸金返還債務について連帯保証しているため、Y社が主たる債務者、Zが連帯保証人となります。そして、Y社のX社に対する貸金返還債務(主たる債務)と、ZのX社に対する連帯保証債務の2つの債務が生じているので...

西中 宇紘弁護士
弁護士法人中央総合法律事務所

取引・契約・債権回収

新しい取引先と取引を開始する時に注意すべきポイントは?

新しく取引を開始する場合のリスク  これまで既存の取引を続けている取引先であれば、継続的な関係を通じてどのような会社かお互いにわかっており、信頼関係も構築されています。他方で、初めての相手と新しい取引に入る場合、どういった会社なのか情報が不足していることも多く、場合によっては適切に商品が納入されな...

平山 浩一郎弁護士
弁護士法人中央総合法律事務所

取引・契約・債権回収

個人保証をとる場合に注意するべきポイントは?

個人保証はなぜ必要か  法人が契約をする際、法人の信用力を補完するために、代表者などの個人保証を求められるケースは非常に多く見られます。  以下では、個人保証を求める場合、保証契約を有効に成立させるために、どのような点に留意すべきか説明します。 保証書と連帯保証条項のどちらがよいか  保証契約...

平山 浩一郎弁護士
弁護士法人中央総合法律事務所

取引・契約・債権回収

動産譲渡担保権とは?どう実行して債権回収を図るべきか

目次 機械設備や在庫商品を担保に取るには (集合)動産譲渡担保権はどうすれば設定できるか 対抗要件はどうすれば具備できるか なぜ担保設定後のモニタリングは重要か(特に集合物の場合) 担保権はどうすれば実行できるか まとめ 機械設備や在庫商品を担保に取るには  民法は当事者間の合意によって...

下西 祥平弁護士
広島駅前法律事務所

取引・契約・債権回収
コンテンツの更新情報、法改正、重要判例をもう見逃さない!メールマガジン配信中!無料会員登録はこちらから