すべての実務Q&A

71〜75件を表示 75

個人保証をとる場合に注意するべきポイントは?

個人保証はなぜ必要か  法人が契約をする際、法人の信用力を補完するために、代表者などの個人保証を求められるケースは非常に多く見られます。  以下では、個人保証を求める場合、保証契約を有効に成立させるために、どのような点に留意すべきか説明します。 保証書と連帯保証条項のどちらがよいか  保証契約...

平山 浩一郎弁護士
弁護士法人中央総合法律事務所

取引・契約・債権回収

動産譲渡担保権とは?どう実行して債権回収を図るべきか

目次 機械設備や在庫商品を担保に取るには (集合)動産譲渡担保権はどうすれば設定できるか 対抗要件はどうすれば具備できるか なぜ担保設定後のモニタリングは重要か(特に集合物の場合) 担保権はどうすれば実行できるか まとめ 機械設備や在庫商品を担保に取るには  民法は当事者間の合意によって...

下西 祥平弁護士
広島駅前法律事務所

取引・契約・債権回収

動産売買先取特権とは?制度活用のポイントと回収の手法

目次 動産売買先取特権とは 債権回収の方策 - 物上代位 - 取引先の危機時における動産売買先取特権に基づく物上代位の行使 債権差押時の留意点 まとめ 動産売買先取特権とは  動産の売買を原因として債権を取得した者は、債務者の特定の動産について先取特権を有します(民法311条5号)。...

下西 祥平弁護士
広島駅前法律事務所

取引・契約・債権回収

債権譲渡担保権とは?どう実行して債権回収を図るべきか

目次 集合債権譲渡担保とは 債権を裏付けとした担保設定 集合債権譲渡担保権を設定する契約の法律構成とは 集合債権譲渡担保設定契約における留意点 譲渡禁止特約が付いていないか 将来債権の特定がなされているか 集合債権譲渡担保権設定を第三債務者および第三者に対抗する方法 担保権を確...

下西 祥平弁護士
広島駅前法律事務所

取引・契約・債権回収

取引先から債権回収するための方法は?

金銭債務の支払がされない場合の対応  取引先である債務者に対し、請求書を送付し、当事者間で支払について折衝したにもかかわらず、債務者が任意で金銭債務の支払をしない場合、どのような対応が考えられるでしょうか。  基本的には以下のような順序で、対応をしていくことが一般的です。以下、順番に解説します。...

西中 宇紘弁護士
弁護士法人中央総合法律事務所

取引・契約・債権回収