BUSINESS LAWYERS LIBRARY

ユーリカ民法3 債権総論・契約総論

発売日
2018年08月10日
出版社
法律文化社
編著等
田井 義信、上田 誠一郎

ユーリカ(Eureka)=論理的・合理的にわかった!を体感できる新シリーズ第3巻。複雑な民法体系の仕組みや役割を具体的に解説。各章冒頭で章のテーマを身近な例を用いて提示。学習課題、コラム、問題演習を設け、自分の頭で考える力を養うことをめざす。

目次

表紙

「ユーリカ民法」シリーズの刊行にあたって

はしがき

目次

凡例

本書の利用の仕方

序論 債権とは何か

1 債権とは,債権法とは

1 債権と債務

2 債権と物権

3 債権法はどこにあるか

2 債権はどこから発生するのか

1 債権が契約から発生する場合

2 債権が法律の規定から直接発生する場合

3 「契約債権法」という考え方,「金銭債権法」という考え方

1 契約債権法

2 金銭債権法

第1部 契約債権法

第1章 契約の働きと成立

1 契約と契約法

2 契約の成立

3 約款とその拘束力

第2章 契約の目的

1 契約から生じる債権の目的

2 契約から債権が発生するために

3 契約に基づく債権の種類

4 債権の効力

第3章 契約目的の実現と債権の消滅

1 弁済

2 相殺

3 その他の債権消滅事由

第4章 債務不履行とその救済

1 債務不履行

2 契約関係を維持することを選択した場合の救済―履行の強制と損害賠償

3 契約関係を解消することを選択した場合の救済―解除と損害賠償

4 損害賠償の要件

5 損害賠償の範囲と額の算定

6 債務者の責めに帰すことができない履行不能―危険負担

第2部 金銭債権法

第5章 債権者代位権・詐害行為取消権

1 総説

2 債権者代位権

3 詐害行為取消権

第6章 多数当事者の債権・債務

1 複数主体の債権・債務―分割債権・分割債務の原則

2 不可分債務・連帯債務

3 不可分債権・連帯債権

4 保証債務

5 根保証債務

6 個人保証

第7章 債権譲渡・債務引受・契約譲渡

1 債権譲渡

2 有価証券

3 債務引受

4 契約上の地位の譲渡(契約譲渡)

参考文献ガイド

判例索引

事項索引

監修者/執筆者紹介

底本奥付

電子版奥付

BUSINESS LAWYERS LIBRARYに登録すると
1000冊以上の本を読むことができます。

10日間無料
お試しいただけます。

法人利用のお問い合わせ

閉じる