BUSINESS LAWYERS LIBRARY

テキストブック法と国際社会〔第2版〕

発売日
2018年04月10日
出版社
法律文化社
編著等
徳川信治、西村智朗

高校での既習事項をふまえながら大学で学ぶ国際法の仕組み・役割をかみ砕いて解説。授業経験に基づき本文の表現や説明の仕方を工夫したほか、気候変動に関するパリ協定など、国際社会の新たな動向を反映させた。

目次

表紙

第2版はしがき

目次

執筆者紹介

序章 国際関係法の扉をたたく

1 日本の国際社会への仲間入り─鎖国から開国へ

2 現代の国際社会と法

3 国際社会と法─国際社会と私たちの生活とのかかわりについて考えてみよう

4 この本で学ぶこと─本書で学ぶことについて全体像をつかもう

第1部 国際社会における法の基本的枠組

第1章 国際社会を動かすのは誰か?─国家の役割

1 国際社会の構成と法

2 国際社会の構成員は「誰」だろうか?─国家とは?

3 国家はどのような権利・義務を有しているか?

第2章 国際社会の利害をどのように調整するか?─国際関係法と国際機構の役割

1 国家間の利害をどのように調整するか(1)-国際関係法とは?

2 国家間の利害をどのように調整するか(2)─国際機構の設立

3 国際社会で活躍する新たなものたち─個人・NGO・多国籍企業

第3章 国際紛争を解決する方法─紛争の平和的解決と国際司法裁判所

1 紛争の平和的解決

2 裁判による紛争の解決

3 紛争の政治的解決手段

4 実力による紛争の解決

第4章 国はどこまで権限を行使することができるか?─管轄権

1 主権を有する国

2 国際法は管轄権を配分する

3 管轄権行使の限界とその克服

4 自国領域内における管轄権行使の例外

第5章 日本の国境はどこにある?─国境と空間秩序

1 空間秩序の基礎

2 領土

3 海洋

4 領空・宇宙空間

5 その他特別の区域

第2部 国境を越える活動と法

第6章 日本人と外国人,何がどう違う?─国籍・外国人の権利

1 国籍と法

2 日本に滞在する外国人

3 日本国憲法と外国人

第7章 外国人と結婚したら?─国際結婚・家族生活と法

1 国際結婚の実態─日本における「国際結婚」

2 国際私法

3 国際結婚

4 国際社会から見た家族法

第8章 国際社会で個人はどのように保護されるのか?─基本的人権の保障

1 国際人権保障の意義と展開

2 国際人権保障の理念と特徴

3 国連の人権保護活動

4 普遍的人権条約の実施措置

5 人権の地域的保障

6 日本における国際人権法の実施

第9章 経済活動は国境を越える─国際的な経済活動と法

1 国際的な経済活動に関する国際法がなぜ必要なのか

2 通貨と貿易に関する国際経済秩序

3 国際経済秩序における地域主義

第10章 法は地球を守れるか?─環境を保全するための国際法

1 国際環境法の歴史的展開

2 国際環境法の基本原則

3 国際環境法の実施

4 国際環境法の課題

第3部 国際社会における平和秩序の構築

第11章 国家は自由に戦争できるのか?─戦争の違法化

1 正戦論から無差別戦争観へ

2 戦争の違法化

3 武力行使禁止原則

4 武力行使禁止原則の例外

5 集団的自衛権

第12章 戦争が起きた時の国際社会の対応─国際連合の集団安全保障

1 勢力均衡から集団安全保障へ

2 国際連合の集団安全保障の仕組み

3 国際連合の集団安全保障の実際─事態の認定と非軍事的措置

4 国際連合の集団安全保障の実際─軍事的措置

5 国際連合の集団安全保障の問題点

第13章 平和を実現するための取り組み─平和維持活動と軍縮

1 国際連合の平和維持活動

2 軍縮

第14章 戦争にもルールがある? ─国際人道法と国際刑事裁判所

1 国際人道法の成立

2 戦争犯罪,人道に対する罪,ジェノサイド罪

3 国際刑事裁判所の設立

4 ICCへの日本の加盟とその課題

終章 さらなる国際法の世界に向けて

1 国際法の主体

2 国際法の成立形式

3 国際法の適用と執行─国家責任と紛争処理

4 日本と国際法

参考文献リスト

索引

底本奥付

電子版奥付

BUSINESS LAWYERS LIBRARYに登録すると
1000冊以上の本を読むことができます。

10日間無料
お試しいただけます。

法人利用のお問い合わせ

閉じる