BUSINESS LAWYERS LIBRARY

企業買収の実務プロセス〈第2版〉

発売日
2017年03月27日
出版社
中央経済社
編著等
木俣 貴光

買い手企業の担当者がディールを遂行する上でのポイントを時系列で解説。第2版は、平成26年会社法改正や平成29年度税制改正等に対応。最新実務を反映し大幅に加筆。

目次

表紙

第2版の刊行によせて

はしがき

目次

序 章 M&Aの進め方

1 M&Aの流れ

(1) プレM&Aフェーズ

(2) 実行(エクセキューション)フェーズ

(3) ポストM&Aフェーズ

2 M&Aにおける時間の使い方

(1) M&Aの所要期間

(2) M&Aにおける時間の使い方

3 チームビルディング

(1) チーム体制

(2) チームリーダーの重要性

(3) チームメンバーの役割

4 M&A担当者に求められる知識・スキル

(1) 専門的スキル

(2) 業界知識

(3) ヒューマンスキル

第1部 プレM&Aフェーズ

第1章 買収戦略の立案

① 戦略の重要性

② 買収戦略の立て方

第2章 ターゲット企業の選定と評価

① ターゲット企業の選定

② 持ち込み案件への対応

第2部 実行フェーズ

第3章 フィナンシャル・アドバイザー(FA)の選定

① FA の役割

② FA の報酬体系

③ FA の選定方法

④ FA とのアドバイザリー契約締結時の留意点

第4章 ターゲット企業へのアプローチと初期分析

① アプローチ方法

② 買収提案書の作成

③ コンタクト時の対応方法

④ ターゲット企業の初期分析

第5章 企業価値算定

① 企業価値の考え方

② DCF 法の実務

③ 類似会社比較法の実務

④ 時価純資産法の実務

第6章 買収スキームの検討

① 買収スキームの特徴

② M&A 会計の基本

③ M&A の税務

④ 買収スキームと株価変動分析

⑤ M&A と独占禁止法(競争法)

⑥ 合併の実務

⑦ 株式譲渡の実務

⑧ 事業譲渡の実務

⑨ 会社分割の実務

⑩ 株式交換・株式移転の実務

⑪ 新株引受けの実務

第7章 交 渉

① 交渉のセオリー

② M&A における価格交渉の勘どころ

第8章 基本合意

① 基本合意の必要性

② 基本合意に盛り込まれる事項と主な論点

③ 関係者への根回しと適時開示

第9章 デューデリジェンス(DD)

① DD の勘どころ

② DD の進め方

③ DD での検出事項への対応

第10章 最終契約

① 詳細条件の交渉

② 最終契約書の作成から調印まで

③ 公 表

第11章 クロージング

① スキームごとのクロージング手続

② クロージング手続の流れ

第3部 ポストM&Aフェーズ

第12章 統合準備

① PMI の流れ

② 統合方針の立案

③ 短期的な統合課題への対処〜ランディング・プランの策定〜

第13章 経営統合

① 中期的な経営課題の設定〜100日プランの策定〜

② 統合実施・フォロー

おわりに 〜M&A に失敗しないために〜

1 大きすぎる会社の買収は慎重に

2 高すぎる価格で買収しない(シナジー効果を楽観しない)

3 被買収企業の社員との徹底したコミュニケーションと成功体験

参考文献一覧

索引

著者紹介

奥付

BUSINESS LAWYERS LIBRARYに登録すると
1000冊以上の本を読むことができます。

10日間無料
お試しいただけます。

法人利用のお問い合わせ

閉じる