早川 真崇弁護士の執筆した記事一覧

1〜3件を表示 3

第2回 自己利益優先・追及型への変化と、従来型企業リスクマネジメントの限界

日本版司法取引に備えた体制整備の必要性  日本版司法取引の導入がもたらす環境変化はどのようなものになるであろうか。  この点については、検察が慎重に運用を行うことが予想されるため、当面は大きな影響は生じない、あるいは、実際に刑事事件になるような事態が発生しなければ、自社には関係がないという意見を耳...

早川 真崇弁護士
渥美坂井法律事務所・外国法共同事業

危機管理・内部統制

第1回 パラダイムシフトにおけるリスクマネジメントとコンプライアンスのあり方

日本版司法取引の導入による環境変化  平成28年の刑事訴訟法改正で、「証拠収集等への協力及び訴追に関する合意制度」が導入され、平成30年6月1日から施行された。報道によれば、これまでに2件の刑事事件で活用されたとのことである。  この合意制度は、刑事手続において、被疑者・被告人が一定の類型の「他...

早川 真崇弁護士
渥美坂井法律事務所・外国法共同事業

危機管理・内部統制

三菱自動車の燃費不正問題、元検察官の目にはどう映ったか

(写真:Arseniy Krasnevsky / Shutterstock.com)  三菱自動車で発覚した燃費不正問題は業界再編、社長の退陣へとつながり、新聞、TVなどのメディアで大きく報じられた。  一連の報道の中で大きくクローズアップされたのは、企業の姿勢だ。三菱自動車は2000年代に2件...

早川 真崇弁護士
渥美坂井法律事務所・外国法共同事業

危機管理・内部統制
コンテンツの更新情報、法改正、重要判例をもう見逃さない!メールマガジン配信中!無料会員登録はこちらから