村永 俊暁弁護士の執筆した記事一覧 - 2ページ

11〜20件を表示 48

株式会社を設立するための手続と費用

 スタートアップや週末起業が身近になった今、「自分も会社を作ってみたい」と考えている方は多いのではないでしょうか。  会社設立の大まかな流れは以下の様なものです。  ここでは、各手続の具体的な部分を見ていきたいと思います。 【株式会社設立の手順】 会社の設立方法について  株式会...

村永 俊暁弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所

コーポレート・M&A

会社の役員になるための資格

 株式会社の代表者や役員には、基本的に誰もがなることができるのですが、会社法は、一定の者については代表者や役員となることを禁止しており、各機関の欠格事由や要件を定めています。  ここで、「欠格事由」と「要件」の違いですが、 「この事由に該当する場合はその役員になれない」というのが「欠格事由」...

村永 俊暁弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所

コーポレート・M&A

株式会社における機関の役割

機関とは? どんな役割?  会社法上、株式会社の機関として、株主総会、取締役、取締役会、監査役、監査役会、会計監査人、会計参与、各委員会、執行役、監査等委員会があります。 まずは、これらの機関の役割を説明します。 株主総会 株式会社の最高の意思決定機関です。定款変更や取締役・監査役の選解任等、...

村永 俊暁弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所

コーポレート・M&A

株式会社の設立に当たり検討すべき事項

 スタートアップや週末起業が身近になった今、「自分も会社を作ってみたい」と考えている方は多いのではないでしょうか。  実際に会社設立の手続に入る前に、必ず検討しておくべきことがあります。ここでは、その要検討事項についてチェックしてみましょう。 会社名について  会社を設立するにあたっては、名称を...

村永 俊暁弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所

コーポレート・M&A

株式会社における機関をどのように設計するか

旧商法下の機関設計との違い 旧商法下での機関設計  会社法前の旧商法下においては、会社の機関設計については、会社の規模・種類によって制約がありました。具体的には、以下のとおりでなければなりませんでした。 大会社(資本金5億円以上又は負債総額200億円以上) 取締役会+監査役会+会計監査人...

村永 俊暁弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所

コーポレート・M&A

取締役・監査役の選任や解任の手続:株主総会での決議方法

目次 役員の選任・解任 選任・選定手続 解任・解職手続 役員の任期 任期 剰余金の配当等を取締役会で決定したい場合 役員の選任・解任 (1) 役員の変更は登記事項  取締役や監査役といった役員は株式会社において非常に重要な権限と責任をもっています。したがって、いつから役員と...

村永 俊暁弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所

コーポレート・M&A

会社法の施行と有限会社

旧商法・旧有限会社法下における株式会社・有限会社の違い  会社法が施行される前、つまり、旧商法・旧有限会社法下において、株式会社を選択するのではなく、有限会社の形態を選択した理由としては、両者には主に下表のような違いがあり、有限会社にメリットを感じたからだと思います。...

村永 俊暁弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所

コーポレート・M&A

中小企業における相続について

特例有限会社と小規模閉鎖会社  会社法の施行に伴い、有限会社法が廃止され(会社法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(以下「整備法」といいます)1条3号)、それまでの有限会社は、株式会社として存続しますが(整備法2条1項)、「特例有限会社」と呼ばれています(整備法3条2項)。  旧有限会社の...

村永 俊暁弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所

コーポレート・M&A

中小企業における経営の承継 - 従前の制度の不都合性

オーナー社長の地位の承継手続  中小企業のオーナー社長という地位を譲るには、会社法上、以下の手続が必要となります。 取締役社長だった親が任期満了または辞任により退任し、株主総会決議において、跡継ぎを新たな取締役として選任する。 役員変更の登記をする。 社長が所有する株式を跡継ぎに譲渡する。...

村永 俊暁弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所

コーポレート・M&A

中小企業の事業承継 - 承継法による遺留分に関する民法の特例

遺留分に関する民法の特例 ~制度概要~ 民法に従った原則  相続について定める民法においては、法律上相続人となる者(推定相続人)に対する生前贈与は、被相続人による持戻免除の意思表示(民法1044条・903条1項)があっても、すべて遺留分算定の基礎財産に含まれます。  そして、遺留分減殺請求権に...

村永 俊暁弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所

コーポレート・M&A
コンテンツの更新情報、法改正、重要判例をもう見逃さない!メールマガジン配信中!無料会員登録はこちらから