すべての実務Q&A

1〜10件を表示 59

下請事業者に対する代金はいつまでに支払う必要があるか(支払遅延の禁止)

はじめに  親事業者の立場からすると「下請代金を支払いさえすれば良い」という考えもあるかもしれませんが、下請事業者にとって、下請代金を迅速に払ってもらうことは、自社の資金繰りにも影響する重要な問題です。下請法では、親事業者が下請事業者に支払う下請代金の支払期日について規制を定め、下請事業者の保護を...

小田 勇一弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

競争法・独占禁止法

独占禁止法で禁止されている「不当な取引制限」とは~カルテル・入札談合を中心に~

目次 不当な取引制限とは 不当な取引制限となる具体的行為とは 「意思の連絡」と「相互拘束」 「意思の連絡(合意)」の内容とその外延 競合他社との接触や情報交換は許されるのか 「競争の実質的制限」とは 違反した場合 刑事上の責任 行政処分 民事上の責任 不当な取引制限とは  独...

小田 勇一弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

競争法・独占禁止法

ガン・ジャンピング規制と海外における執行例

ガン・ジャンピング規制の概要  「ガン・ジャンピング」(gun jumping)とは、スタートの銃声が鳴る前に飛び出してしまうこと、つまり「フライング」を意味します。競争法の関係では、企業結合が完了する(いわゆる「クロージング」)まで当事会社はそれぞれ独立した事業者として活動しなくてはならないとこ...

菅野 みずき弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

競争法・独占禁止法

EUのカルテル規制の域外適用

はじめに  EUでは、EU加盟国が各々の競争法でカルテルを規制するとともに、EU機能条約101条1項において、「加盟国間の取引に影響を与えるおそれがあり、かつ、域内市場の競争の機能を妨害し、制限し、若しくは歪曲する目的を有し、又はかかる結果をもたらす事業者間の全ての協定、事業者団体の全ての決定及び...

吉村 幸祐弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

競争法・独占禁止法

アメリカによる日本企業へのカルテル摘発と、日本にいる役職員個人の身柄引渡しリスク

カルテルによる個人処罰のリスク  日本でのカルテルであったとしても、当該カルテルによるアメリカに対する影響等を踏まえ、米国司法省が摘発をする可能性があります(「アメリカのカルテル規制の域外適用」参照)。また、一定の要件を満たす場合には、カルテルの場合には、刑事事件として訴追するのが米国司法省の基本...

吉村 幸祐弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

競争法・独占禁止法

アメリカのカルテル規制の域外適用

規制の概観  アメリカでカルテルを規制しているシャーマン法1条は、「各州間の又は外国との取引又は通商を制限するすべての契約、トラストその他の形態による結合又は共謀は違法であると宣言される」1 と定めています。  アメリカの領域外の行為に対するシャーマン法の適用(いわゆる「域外適用」)のルールを規定...

吉村 幸祐弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

競争法・独占禁止法

中国産ゲームのローカライズに絡む優良誤認表示等の問題点

中国のゲーム市場  中国のゲーム産業の売上は3兆円を超え、世界最大規模の市場となっています 1。一方で、それだけゲームにのめり込むユーザーも多く、ゲームに関する規制も議論されています。中国では、過激な内容・表現等のゲームは取締りをされており、ゲームをリリースするために政府の審査を経る必要があるため...

中島 博之弁護士
弁護士法人東京フレックス法律事務所

競争法・独占禁止法

カルテルの被害者から提起される米国訴訟におけるディスカバリーの概要とリスク

はじめに  カルテルに参加した企業が、被害者から損害賠償を請求される 1 ことはよくありますが、米国では、当該損害賠償を求める訴訟の提起を受けた場合、ディスカバリーという手続に対応する必要があります。  以下では、そのディスカバリーについて、概要、関連するリスク、日頃の対策について説明していきます...

酒匂 景範弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

競争法・独占禁止法

各国における企業結合届出後の待機期間(米国、欧州、中国、インド、ブラジル)

事前届出後の待機期間  企業結合の実行前の届出(事前届出)についての届出基準(『日本企業間で株式取得や事業譲渡を行う際に海外での届出が必要となる場合』を参照)を満たし、届出義務を負う場合、当局に届出をしてから一定期間が経過するまで、企業結合の実行が禁止されます。この期間を「待機期間」といいます。...

菅野 みずき弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

競争法・独占禁止法

米国、EUの競争法における垂直的制限

流通過程における垂直的制限  メーカーは、自社の商品をどのように流通させるかについて、色々な取組みを行うことがあります。流通業者に商品の流通を委ねる場合には、その流通業者に対し、流通に関する制限を定めることがあります。以下は、その典型例です。 流通業者による販売価格に関する制限を定める場合(...

菰口 高志弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

競争法・独占禁止法
コンテンツの更新情報、法改正、重要判例をもう見逃さない!メールマガジン配信中!無料会員登録はこちらから