主債務者が反社会的勢力であった場合に、信用保証協会は保証契約の錯誤無効を主張できるのか

危機管理・内部統制

 私は銀行員です。
 銀行や信用金庫等の金融機関と信用保証協会との間で保証契約が締結された後に、主債務者が暴力団等の反社会的勢力であることが判明した場合に、信用保証協会が金融機関に対し錯誤無効を主張している事案につき、最近、最高裁判所の判決が言い渡されたと聞きました。
 最高裁判所は、どのような判断をしたのでしょうか。また、金融機関側で、今後留意すべき事項があれば、ご教示ください。

 平成28年1月12日に最高裁判所の判決が4件言い渡されました。いずれも『「主債務者が反社会的勢力でないこと」という信用保証協会の動機は、それが明示又は黙示に表示されていたとしても、当事者の意思解釈上、これが各保証契約の内容となっていたとは認められず、信用保証協会の各保証契約の意思表示に要素の錯誤はない』と判示し、信用保証協会の錯誤無効の主張を排斥しました。

 一方で、金融機関側に調査義務違反が認められると、信用保証協会による保証免責の主張が認められることも明らかにされましたので、留意が必要です。

 金融機関が保証免責を免れるためには、保証契約締結、融資実行に先立ち、主債務者の反社会的勢力該当性について調査を尽くす必要があります。かかる調査義務の程度については、金融機関の規模、事業内容や時代に応じて異なると想定されますので、近時の動向などを注視し、適切な反社検証体制の構築に努めてください。

解説

目次

  1. 信用保証制度と金融機関と信用保証協会の関係
  2. 事案の内容
  3. 最高裁判所の判決 判旨のポイント
    1. 要素の錯誤
    2. 保証契約と反社会的勢力
    3. 約定書、各保証契約等の定め
    4. 社会的責任の見地からの検討
    5. 信用保証協会の意思表示に要素の錯誤はない
  4. 原審への差し戻し
    1. 調査の義務
    2. 調査と免責
  5. おわりに

信用保証制度と金融機関と信用保証協会の関係

 信用保証協会は、信用保証協会法(昭和28年8月10日法律第196号)に基づき、中小企業・小規模事業者の金融円滑化のために設立された公的機関であり、現在、47都道府県と4市(横浜市、川崎市、名古屋市、岐阜市)に存立しています。信用保証協会は、中小企業・小規模事業者が、金融機関から事業資金を調達する際に、信用保証制度を通じて資金調達をサポートします。

 信用保証制度は、中小企業・小規模事業者、金融機関、信用保証協会の三者が当事者となる制度で、信用保証協会は、中小企業・小規模事業者から保証申込(保証委託契約の申込)を受け、金融機関との間で保証契約を締結することにより、金融機関から中小企業・小規模事業者へ事業資金が融資されるのを支援します

 制度の概要については、下記図もご参照ください。

信用保証制度の仕組み

出典:一般社団法人全国信用保証協会連合会のウェブページ「信用保証協会と信用保証制度」から抜粋

事案の内容

 今回の事案では、1つの銀行と3つの信用金庫が、各地域の信用保証協会と争っていました。
 いずれも、保証契約が締結された後に、主債務者が暴力団等の反社会的勢力であることが判明した場合に、信用保証協会は要素の錯誤(民法95条)を理由として契約が無効にできるかどうかがポイントとなっていました。

民法95条(錯誤)
意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする。ただし、表意者に重大な過失があったときは、表意者は、自らその無効を主張することができない。 

最高裁判所の判決 判旨のポイント

 本件同種の事案につき、最高裁判所は平成28年1月12日に4件の判決を言い渡しました。その判旨のポイントは以下のとおりであり、いずれの判決も結論として信用保証協会の錯誤無効の主張を排斥しました。

要素の錯誤

 まず、判決では要素の錯誤が成立する成立するための要件を、以下のとおり示しています。
 今回の事案に置き換えると、信用保証協会が「主債務者が反社会的勢力であったら保証契約を結ばなかった」という意思が金融機関に表示されていることに加え、さらに 信用保証協会と金融機関の意思解釈の上で、それが法律行為の内容 として認められなければ、信用保証協会に要素の錯誤はなく、保証契約も無効とならない、ということです。

引用(下線:筆者)
意思表示における動機の錯誤が法律行為の要素に錯誤があるものとしてその無効を来すためには、その動機が相手方に表示されて法律行為の内容となり、もし錯誤がなかったならば表意者がその意思表示をしなかったであろうと認められる場合であることを要する。そして、 動機は、たとえそれが表示されても、当事者の意思解釈上、それが法律行為の内容とされたものと認められない限り、表意者の意思表示に要素の錯誤はない と解するのが相当である。

 参照:最高裁昭和37年12月25日判決・集民63号953頁、最高裁平成元年9月14日判決・集民157号555頁

保証契約と反社会的勢力

引用(下線:筆者)
保証契約は、主債務者がその債務を履行しない場合に保証人が保証債務を履行することを内容とするものであり、 主債務者が誰であるかは同契約の内容である保証債務の一要素となるものであるが、主債務者が反社会的勢力でないことはその主債務者の関する事情の一つであって、これが当然に同契約の内容となっているということはできない。

約定書、各保証契約等の定め

引用(下線:筆者)
金融機関は融資を、信用保証協会は信用保証を行うことをそれぞれ業とする法人であるから、主債務者が反社会的勢力であることを事後的に判明する場合が生じ得ることを想定でき、その場合に信用保証協会が保証債務を履行しないこととするのであれば、その旨をあらかじめ定めるなどの対応を採ることも可能であった。それにもかかわらず、 約定書と題する信用保証に関する基本契約及び各保証契約等にその場合の取扱いについての定めが置かれていないことからすると、主債務者が反社会的勢力でないということについては、この点に誤認があったということが事後的に判明した場合に各保証契約の効力を否定することまでを金融機関及び信用保証協会の双方が前提としていたとはいえない。

社会的責任の見地からの検討

引用(下線:筆者)
保証契約が締結され融資が実行された後に初めて主債務者が反社会的勢力であることが判明した場合には、既に主債務者が融資金を取得している以上、社会的責任の見地から、債権者と保証人において、できる限り上記融資金相当額の回収に努めて反社会的勢力との関係の解消を図るべきであるとはいえても、 両者間の保証契約について、主債務者が反社会的勢力でないということがその契約の前提又は内容になっているとして当然にその効力が否定されるべきものともいえない。

信用保証協会の意思表示に要素の錯誤はない

引用(下線:筆者)
そうすると、 主債務者が反社会的勢力でないことという信用保証協会の動機は、それが明示又は黙示に表示されていたとしても、当事者の意思解釈上、これが本件各保証契約の内容となっていたとは認められず、信用保証協会の各保証契約の意思表示に要素の錯誤はない というべきである。

原審への差し戻し

 一方で、最高裁判決は、以下のように判示し、保証免責の主張がなされていた3判決につき、その点の審理を尽くさせるため、本件を原審に差し戻しました。

調査の義務

引用(下線:筆者)
主債務者が反社会的勢力でないことそれ自体が金融機関と信用保証協会との間の保証契約の内容にならないとしても、 金融機関及び信用保証協会は、約定書と題する信用保証に関する基本契約上の付随義務として、個々の保証契約を締結して融資を実行するのに先立ち、相互に主債務者が反社会的勢力であるか否かについてその時点において一般的に行われている調査方法等に鑑みて相当と認められる調査をすべき義務を負うべき である。そして、金融機関がこの義務に違反して、その結果、反社会的勢力を主債務者とする融資について保証契約が締結された場合には、基本契約に定める免責条項にいう金融機関が「保証契約に違反したとき」に当たると解するのが相当である。

調査と免責

引用(下線:筆者)
本件についてこれをみると、各貸付けの主債務者は反社会的勢力であるところ、 金融機関が上記の調査義務に違反して、その結果、各保証契約が締結されたといえる場合には、信用保証協会は上記免責条項により各保証契約に基づく保証債務の履行の責めを免れる というべきである。そして、 その免責の範囲は、上記の点についての信用保証協会の調査状況等も勘案して定められるのが相当である。

おわりに

 以上のとおり、信用保証協会による錯誤無効の主張については排斥されましたが、一方で、金融機関側に調査義務違反が認められると、信用保証協会による保証免責の主張が認められることになりますので、留意が必要です。

 金融機関側が保証免責を免れるためには、個々の保証契約を締結して融資を実行するのに先立ち、主債務者が反社会的勢力であるか否かについてその時点において一般的に行われている調査方法等から相当と認められる調査を尽くす必要があります。

 この調査義務の程度については、当該金融機関の規模、事業内容、特性や時代に応じて異なることが想定されますので、各金融機関は、差戻審の動向に加え、政府や金融庁等の金融当局が求める入口段階における反社検証のレベル感や同種、同規模の他の金融機関の動向等を注視しつつ、適切な反社検証体制の構築に努める必要があります。

この実務Q&Aを見ている人はこちらも見ています

無料会員登録で
リサーチ業務を効率化

1分で登録完了

無料で会員登録する