山田 晃久弁護士の執筆した記事一覧

1〜3件を表示 3

YouTuberヒカル氏のVALU売却騒動、利用規約改定でトラブルは防げるか

(出典:株式会社VALUのウェブサイト)  本年8月15日、個人の価値(VALU)をネット上で取引するサービス「VALU」において、人気YouTuberヒカル氏や、所属事務所の顧問などの関係者による「売り逃げ」騒動が発生。騒動は運営会社による売買注文のキャンセルやヒカル氏らによるVALUの買戻し、...

山田 晃久弁護士
弁護士法人中央総合法律事務所

ファイナンス

エフオーアイ粉飾決算を巡る判決のポイント 上場時の主幹事証券会社にも初の損害賠償命令

 12月20日、株式会社エフオーアイの粉飾決算について株主が旧経営陣に損害賠償責任を求めた訴訟の判決が東京地裁であった。報道によれば、旧経営陣だけでなく、上場時の主幹事だった証券会社にも損害賠償責任が認められたという。上場企業の粉飾決算に対して引受証券会社の損害賠償責任が認められたことは初として話題...

山田 晃久弁護士
弁護士法人中央総合法律事務所

コーポレート・M&A

独占禁止法上問題となり得る流通段階の取引行為とは?

独占禁止法と流通・取引慣行ガイドラインの概要 高まるコンプライアンス意識と独占禁止法  今日の企業活動は、独占禁止法(以下「独禁法」といいます)に対する関心・懸念が従前よりも強くなっています。独禁法違反は、課徴金命令などの行政処分を受けるだけでなく、コンプライアンス意識を欠いた企業と見られてレピ...

山田 晃久弁護士
弁護士法人中央総合法律事務所

競争法・独占禁止法
コンテンツの更新情報、法改正、重要判例をもう見逃さない!メールマガジン配信中!無料会員登録はこちらから