国際取引・海外進出

経済活動のグローバル化に伴い、海外の法令情報の入手が必要な場面も増えてきました。BUSINESS LAWYERSでは、中国を始め、フィリピン、ベトナム、インド、ロシアなど現地情報に精通した弁護士による解説記事を掲載しています。海外との輸出入などの取引だけでなく、現地進出、会社設立、人材活用、トラブルへの対応など、様々な角度から現地の最新情報を常にキャッチアップし、事業活動にお役立てください。

国際取引・海外進出に詳しい弁護士を探す

国際取引・海外進出のニュース

もっと見る(1,942件)

国際取引・海外進出の特集

メキシコの仲裁法および仲裁実務

はじめに  日本企業のメキシコ進出に伴い、日本企業またはそのメキシコ子会社等が他のメキシコ法人と取引をすることが多くなっている。このような状況で、仲裁の利用が以下の理由から重要となっている。  第一に、紛争が生じた場合の他の解決手段としてはメキシコの裁判所での訴訟があるが、多くの場合、日本企業側...

西山 洋祐弁護士
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所 外国法共同事業

国際取引・海外進出
もっと見る(109件)

国際取引・海外進出の人気特集

  1. 経済安全保障推進法の影響度と実務対応
  2. 日本政府による対ロシア経済制裁
  3. EUの「コーポレート・サステイナビリティ・デューデリジェンスに関する指令案」の概要と今後の見通し
  4. 英文契約書の基本的な考え方とレビューのポイント
  5. 英文契約書の保証の否認、責任の制限、秘密保持
  6. 英文契約書の冒頭の規定、Whereas条項

国際取引・海外進出の実務Q&A

ベトナムにおける債権回収と債権管理のポイント

はじめに  Covid-19の影響もあり、渡航制限や経済的打撃など様々な要因により、債権回収や債権管理リスクを改めて考え直している企業が増えてきています。売掛金が膨らんでしまい、いざ債権回収に臨もうとしても思わぬ理由により債権回収を断念するケースも少なくありません。本記事では、ベトナムビジネスにおける債権回収について...

田中 雅敏弁護士
明倫国際法律事務所

国際取引・海外進出
もっと見る(117件)

国際取引・海外進出の人気実務Q&A

  1. 国際仲裁と訴訟はどこが違うのか
  2. 海外市場で販売を行うために販売店・代理店を選任する場合の留意点
  3. 中国合弁会社のコントロールに対する外商投資法(2020年1月1日施行)の影響
  4. 中国事業からの撤退する際の留意点 解散・通常清算の手続
  5. 中国企業との契約における準拠法と紛争解決条項のポイント
  6. 中国向け越境ECの仕組み(保税区モデル・直送モデル)

国際取引・海外進出に詳しい弁護士

廣澤 太郎弁護士

西村あさひ法律事務所 東京事務所

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 危機管理・内部統制
  • 国際取引・海外進出
  • 資源・エネルギー
もっと見る(460人)