に関する特集

11〜20件を表示 1039

ケイマン・スキームを利用した日米の投資家向けヘッジ・ファンド組成の指南

はじめに  東京都は国際金融センター東京の実現に向けてさまざまなプロジェクトを推進しており、将来の東京市場の活性化に寄与する資産運用業者を増やすことを目的とし、独立系の資産運用業者の開業を支援している 1。  ファンドの準拠法としては、圧倒的にケイマン籍が多く、新興のファンド・マネージャーにとって...

范 宇晟弁護士
Harneys法律事務所

ファイナンス

公益通報者保護法に基づく指針の解説

※本記事は、三菱UFJ信託銀行が発行している「証券代行ニュースNo.187」の「特集」の内容を元に編集したものです。  消費者庁は、10月13日、「公益通報者保護法に基づく指針(令和3年内閣府告示第118号)の解説」を公表しました。  昨年6月に公益通報者保護法の一部を改正する法律(以下、「本法律...

危機管理・内部統制

アジャイル・ガバナンス実現のために法律家は「賢い失敗」を許容せよ – 旭化成 髙山副社長・経産省 羽深弁護士

テクノロジーの急速な発展に伴ってイノベーションや社会構造の大きな変化が起きる昨今、既存のルールや制度のあり方を問い直すべき時期に来ている。これからの時代には、多様なステークホルダーが迅速にルールや制度をアップデートし続ける「アジャイル・ガバナンス」の実践が必要であるとの考え方のもと、経済産業省は20...

法務部

医療法人の事業承継の法務(前編)- 医療法人制度と機関の概要

はじめに  近年、医療機関経営者の高齢化が進んでおり、厚生労働省の統計によると、2018年の病院の開設者または医療法人の代表者の平均年齢は64.3歳でした。このように、医療機関にとっては、病院等の医療機関経営者に係る相続対策や事業承継対策は、今や喫緊な経営課題といえます。2019年10月1日現在、...

山内 大将弁護士
牛島総合法律事務所

コーポレート・M&A

ニューノーマル時代のコンプライアンス

第3回 法規制違反の未然予防における根本的な間違いと対応策

はじめに 企業が直面する環境変化を象徴するコロナ禍、ESG/ SDGsは、企業に求められるコンプライアンス対応にも大きな影響を与えています。 本連載では、上記の環境変化により発生するリスクに適応するためのコンプライアンスのポイントを、KPMGコンサルティングのコンサルタントが解説します。 今回は...

水戸 貴之
KPMGコンサルティング

危機管理・内部統制

BUSINESS LAWYERS LIBRARYにより、テレワーク下でもリサーチ業務の信頼性担保を実現 日本たばこ産業(JT)のBUSINESS LAWYERS LIBRARY導入・活用例

130以上の国と地域でたばこ事業を展開し、医薬、加工食品事業なども行っている日本たばこ産業株式会社(JT)。同社の法務部門では、テレワークへの対応策として、法律書籍のオンライン閲覧サービス「BUSINESS LAWYERS LIBRARY」を導入しているほか、多くのテクノロジーを積極的に導入・活用し...

法務部

サステイナビリティ時代に求められる企業の経営戦略

第11回 人権デューデリジェンスの実践(その2) - データ収集時におさえておくべき6つの視点と具体的方法、KPI設定のポイント

 今回は、前回の「人権デューデリジェンスの実践(その2) - スコーピング(調査範囲確定)の必要性と留意点」で解説した、調査対象範囲の確定作業(ステップ1)を経て確定した人権課題について、実際の負の影響の分析(ステップ3)を行うにあたって必要なデータの収集方法(ステップ2)について解説します。 デ...

渡邉 純子弁護士
西村あさひ法律事務所

国際取引・海外進出

知的財産権の行使における独占禁止法の適用 令和を展望する独禁法の道標5 第11回 

実務競争法研究会 監修:東京大学教授 白石忠志 編者:籔内俊輔 弁護士/池田毅 弁護士/秋葉健志 弁護士 本論稿は、2020年12月をもって休刊となったBusiness Law Journal(レクシスネクシス・ジャパン株式会社)での連載「令和を展望する独禁法の道標5」を引き継いで掲載するもので...

山口 裕司弁護士
大野総合法律事務所

競争法・独占禁止法

「事業担当者のための逆引きビジネス法務ハンドブック」著者と編集者が語る 事業と法務の健全な関係の築き方

法務・実務担当者から絶大な支持を得た書籍「事業担当者のための逆引きビジネス法務ハンドブック」の第2版が7月に発刊された。発刊から間も無く増刷が決まり売れ行きも好調だ。 第一版の刊行から5年、ビジネスと法の関係はどう変わったのか。事業担当者と法務担当者が本書を活用し、健全な関係を築く秘訣はどこにある...

法務部

法務初心者のための契約書作成・レビューのポイント

第4回 取引基本契約のレビュー 検査・契約不適合責任条項のポイント

この記事では、売買取引基本契約における検査条項と契約不適合責任条項について、条項の意義、改正民法を踏まえた契約不適合責任の概要、買主・売主の立場から修正する際のポイントを、基礎から解説します。 売買取引基本契約の概要、全体像についてはこちらの記事で解説しています。 関連記事(Q&A) 民法...

廣瀬 崇史弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

取引・契約・債権回収

人気の特集

  • コーポレート・M&A
  • 取引・契約・債権回収
  • IT・情報セキュリティ
  • 人事労務
  • 知的財産権・エンタメ
  • 事業再生・倒産
  • 危機管理・内部統制
  • 競争法・独占禁止法
  • ファイナンス
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
  • 税務
  • 不動産
  • 資源・エネルギー
  • 法務部
  • ベンチャー
  • その他