すべての特集

41〜44件を表示 44

アルゼンチン国債最高裁判決から視る「法曹に求められる資本市場・債券発行取引の常識と日本の資本市場の将来について」

日本の資本市場が救われた日  2016年6月2日は、日本の資本市場が司法によって救われた日となりました。  この日、最高裁第一小法廷はアルゼンチン共和国債券(「アルゼンチン国債」)の管理会社の訴訟追行権を否定した東京地裁、東京高裁の判決を取消しおよび破棄しました。  アルゼンチン国債については、複...

梅津 立弁護士
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所 外国法共同事業

ファイナンス

改正保険業法によって保険商品の販売勧誘規制はどう変わったか?

改正保険業法について  「保険募集の形態の多様化が進展している状況等を踏まえ、保険募集に係る規制をその実態に即したものとするため、保険募集人の体制整備義務を創設する等の措置を講ずる必要がある」との理由で、平成26年に保険業法が改正され(平成26年5月30日公布)、本年(平成28年)5月29日に施行...

錦野 裕宗弁護士
弁護士法人中央総合法律事務所

ファイナンス

英国再保険法の重要トピックから学ぶ 再保険取引の法務入門

はじめに  再保険契約の準拠法として英国法を指定した場合は勿論のこと、仮に準拠法として日本法を指定した場合であっても、日本の保険法は元受保険契約を前提としていることから、英国再保険法の考え方が大きく影響する可能性があります。  そこで、本稿では、前提として再保険取引の概要、種類などに触れた上で、英...

稲田 行祐弁護士
AIG Japan Holdings

ファイナンス

テロ資金供与、マネー・ローンダリング対策の最前線

テロ資金供与等対策の重要性 世界中に広まるテロの脅威  2015年1月と2月に発生した、「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)による、シリアにおける邦人殺害テロ事件の衝撃はまだ記憶に新しいところであるが、その後も、パリ同時多発テロ事件(同年11月)、ジャカルタ首都中心部における爆破テロ事件...

金澤 浩志弁護士
弁護士法人中央総合法律事務所

ファイナンス